フォト

flickr


無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月25日 (火)

GOOD OLD BOYS SOCIETY と LGBT と。

Img_5659

 平成26年11月25日の日経新聞の朝刊。

 「LGBT就活支援の輪」「国内企業も意識的改革」「大阪ガス パンフに『応援』明記」といった特集記事が掲載されていました。

 http://www.osakagas.co.jp/company/csr/beginning/diversity_policy.html

20141125_102532_2

 また、ちょうど社会面には、厚生労働省等の広告が掲載されていました。

 「公正な採用選考を行いましょう」

 その趣旨としては、「採用にあたり身元調査を行うことは、就職差別につながるおそれがあり」というものです。

 本人ではどうしようもできない事柄を基準に、民間企業であっても、採用基準としてはいけないということです。

 例えば。性別、年齢、人種といった事柄。

 憲法は、国家権力を縛るためのものですが、14条に次の通り書かれています。

 「人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、・・・差別されない。」

 では、性的志向では、どうでしょうか。

 そもそも個人的には、性的志向、つまり、同性愛、異性愛、両性愛、性同一性障害などなど、そのようなことで誰かに何か具体的な迷惑をかけることでもない以上、なぜ問題になるのか本当は、さっぱり理解できないのですが、これまでの最近の日本の世の中、特に、当事者の利害が著しい勤務先などでは、そもそも性的少数者であることがわかると採用してもらえない、あるいは、採用されても、例えば、ゲイだとわかると職場で上司あるいは同僚、あるいは後輩からの、他の人に対するのとは異なる対応をとられて居づらくなって辞めざるを得ない、といったことが少なくはなくて、問題になっていると思わまれす。

 「LGBT」、いわゆる性的少数者と言われる人が、なぜこのような目に遭わないといけないのかさっぱり理解できませんが、多数派の人の少数者に対する、異端の目、不快感、傲慢さ、いじめたくなるといった人間の醜い性質が吹き出てしまうのだろうと思います。

 生きていくにはお金が要る、稼ぐには、雇われるか、自分で営業して稼ぐしかない。

 その「仕事」という面において、この性的少数者であるがゆえの差別をまず、なくしていこうというのは、「多様性」「ダイバーシティ」といった言葉に連なる面もあるようです。

 具体的理由のない差別・区別をなくしていくことと、多様性の確保・尊重。

 日本IBMで取締役執行役員を務められた内永ゆか子さんの著書を読んだことがあります。

 そこでは、東京大学を卒業後、日本IBMに入社したが、男性社会で、女子は超少数派で、その中でどのように生き抜いていったのかが記されていました。

 「日本企業が欲しがる『グローバル人材』の必須スキル」

 *この本は、本当にタイトルの付け方に失敗した本です。もっと違うタイトルをつけたら、もっと多くの人に読まれるのにと残念。

 

 内永ゆか子さん

 https://www.j-win.jp/guide/comment.html

 *いま、まさに「ダイバーシティマネジメント支援」の活動をされています。

 

 その著者の中で表されていた言葉。

 「GOOD OLD BOYS SOCIETY」

 当時、なるほどと膝を打ちました。

 23歳かそこらで大学を卒業し、ひとつの会社だけで、10年、20年、30年と勤務する、またその際、会社の中の人とばかり付き合い、その他の世界の人と付き合わない。

 そんな、多数派の男性ばかりで50代となり、そんな人ばかりで構成されている会社の役員会。

 まさに、古き良き男性社会?「GOOD OLD BOYS SOCIETY」

 同じような経験を積み、同じような価値観の中で、少数派は奇異の目でみられて、軽く扱われたのではないかと想像されます。

 そのよう中、内永ゆか子さんは、どのようにコミュニケーションをとっていったのか。そのようなことが書かれていました。

 会社法が改正されます。

 社外取締役を入れろ、入れないなら入れない理由を説明しろ。

 

 また、多様性という名のもと、日本の企業の中でも、LGBT等に対する偏見差別の解消の動き、これらは同じ根っこをもつように思います。

 いいのか悪いのかはわかりませんが、「GOOD OLD BOYS SOCIETY」の行き詰まり感からのものだと思います。

 

 立場が変わればものの見方が変わる、ものの見方が変われば、気づかなかったことに気づく、視野が広がる。

 平成11年に弁護士登録をして、平成22年まで、ひたすら弁護士業をしてきました。

 そこから。

 5万6000人を擁する、日本の巨大行政組織の一端を担う国税不服審判所で4年間、働きました。

 

 得たものは、税法の知識と経験というにとどまらず、国の視点、国税庁の視点、司法とは異なる行政の視点、国家公務員の視点、男性社会、まさに「GOOD OLD BOYS SOCIETY」における少数者としての視点、異なる企業文化の中での少数者の視点などなどなど、貴重な視点です。

 文字通り、少数派です。女性であり、弁護士であること、途中入社組。

 当初、頭の中でグルグルしていた言葉は、STINGの歌でした。

 I'm an Englishman in New York .

 そこは、ニューヨークでもなければ、私はイギリス人でもく、そこは名古屋で、私は大阪から来た三重県人でしたが。その中での少数派で、異文化圏からの異邦人でした。

 

 その自分の経験に照らしても、日本の大きな企業の「GOOD OLD BOYS SOCIETY」からの離脱は、とても可能性を秘めたことだと思います。

 

 4年間の任期付国家公務員の生活の中で、自分も、弁護士業の中にいて、ある意味、限られた価値観の中で生きてきたことを実感しました。

 一度、離れて、高い視点をもって、それまで見ていたものを見るのは、新たな可能性に気づくとても良い成長の機会です。

 企業の、風を見る傾向とLGBTへの差別解消とを結びつけることに賛否は別れるのでしょうけど。

(おわり)

R1028438*なぜ、15人の最高裁判事だけは、15人全員が職業裁判官だけで構成されていないのか。

 立つ位置を変えて、高い視点をもつと見えなかったものが見えてきます。それに対応できる人と、拒絶反応を示す人に分かれるとは思いますが。


2014年11月21日 (金)

もしかして、ハイ状態?

Img_1759

*名古屋の庄内緑地公園です。名古屋国税不服審判所で勤務していた時、たまにここでくるくるとジョギングしていました。いいところでした。

 先日のエントリーで書いたように、マンション管理会社に対する怒りからブログを他に3つ立ち上げました。
 その時の勢いが今もつづいていて、日々、ニュースを目にしても、新聞、雑誌、本をみても、いろいろと言葉、思考が頭に浮かび、自分でもおどろくほどに、時間を見つけて書き綴っています。
 
 興味のある方は、こちら、Google+をフォローなり、チェックなりされると、更新状況がわかるかと思います。
 そして、なんと。Facebookでもメモ代わりに、綴り、続いています。
 
 情報のアンテナが立っているとき、感度がよいときって、本当にいろいろな情報が飛び込み、思考が生まれて自分でも面白いです。
 
 全部バラバラのようで、ある日ある時、突然、1本の線でつながったりします。
 このようなキラキラした状態をなんというか。
 
 好奇心、です。
 これがある限り、50歳になっても、60歳になっても、目は死にません。
 私の周りは、本当に今、キラキラした人ばかりです。
 負けじと、よい刺激をいつももらっています。

 成長し続ける、ってそういうことですね。
 動き続けるから、楽しい。

 この心境をもっと格好よく言ったのが、スティーブ=ジョブズのスタンフォード大学でのスピーチ。
 知らない方は、ググってみてください。
                             (おわり)
R0010845
 
 

2014年11月18日 (火)

遺産の調査 ~隠された遺産を探す~

Img_5642

1 

 遠く離れたところにいる親御さんが亡くなったというとき、その人自身は親御さんの財産状態についてては、生前、全く知らないというのがよくある状態です。

 近くにいた兄弟などが、親御さんの入院時の世話、あるいは亡くなった後の諸手続き等をして、その中で、その近くにいた兄弟が亡くなった親御さんの預貯金口座がどこにあるのか、株式はどこの証券会社て取引していたのかといったことを把握しています。


 この近くにいた兄弟等が、仮装隠ぺいすることなく、亡くなった父親の遺産は、こことここの口座にこれくらいあったよ、不動産もここに賃貸物件があったよ、賃料はこの口座に振り込まれているよ、といっことを正直に教えてくれたら、相続、なんの問題も生じません。

 相続税も課税されない金額の遺産について、相続人もたった二人の兄弟だけ、といった場合でも、遺産分割の協議が当事者間でつかずに、ご相談にこられて、代理人として依頼を受けることが稀ではありません。

 

 なぜ、もめて、弁護士のところまでくるのか。

 遺産を隠す、嘘をつく相続人がいるからです。

 生前、離れていたとはいえ、おおよその状況は分かっているものです。

 仮装隠ぺい、嘘の説明をされたときは、直感で不信感を持ちます。

 そして、不審に思う点を問いただすど。

 仮装隠ぺい、嘘をついている人は、怒りだします。

 怒って、相手を黙らせようとするのです。

 

 そのため、他の相続人は弁護士のところへ行くのです。

 「遺産はこれだけしかありません。」

 その説明を真に受けて、それをベースに遺産分割協議を開始するようでは、弁護過誤ともいえるでしょう。

 弁護士は、警察官や国税職員のような強力な調査権限はありません。

 しかし、弁護士にも、一般の人にはない調査権限が認められています。

 それがいわゆる「23条照会」、各弁護士会の会長名義ての照会制度です。

 

 例えば。

 金融機関によっては、相続人ということで、相続した者としての権利によって、相続人本人からの照会によっても、その支店等での、被相続人名義の口座の有無から、過去5年分ほどの口座の取引履歴について開示してくれるところもあるとは思いますが、弁護士会の会長名義でこれらを照会し、回答を得ることができます。

 どこに照会をかけるのか。

 よくあるのが、住居の最寄駅の金融機関、あるいは勤務先近辺の金融機関です。また、「ゆうちょ銀行」は各地区でのセンター管理になりますので、センター宛に照会をすれば、回答を得られます。

 こうして、照会をかけて、口座の有無と同時に、不審な動きはないかを確認します。

 

 そして、これまたよくあるのが。

 被相続人が亡くなる直前、直後の解約、出し入れです。

 やった本人は、残高証明書だけだせば、バレないと思っているのかもしれません。しかし、痕跡は残ります。

 そして。

 さらには。

 解約等をしている場合、金融機関等に対して提出した書類についても、23条照会によって提出を金融機関に求めることが可能です。

 被相続人の署名を偽造していたような場合。

 アウトです。

 ここで、さらによくある言い分は。

 父に頼まれて、代わって解約して現金の払い戻しを受けただけで、お金は父にそのまま渡したので、あとのことは知らない、という言い分です。

 そのような言い分が、例えば、税務調査において通用するでしょうか。

 それを認めていたら、相続税の適正な徴収はままなりません。直前の払い戻しについては、皆が皆、そのような言い分をのべて現金を現金のままどこかにほとぼりがさめるまで保管して終わりでしょう。

 

 相続人間での「返還請求訴訟」においても同じです。

 払戻の時期その当時の被相続人の身体的状況相続時の他の遺産の状況等がポイントとなります。

 その他種々のファクターから考えて、経験則上、その払い戻しを受けた金員は、被相続人ではなく、他の相続人が取得しているとの認定がなされ得ます。

 場合によっては、違法行為である、不法行為責任が問われます。

 

 遺産を隠してしまったら。

 早晩、それは必ずばれます。

 さっさと、全てをテーブルに並べて、相続分に応じた遺産分割協議をさっさとして自由に使える財産を確保するというのが、一番懸命な対応です。

 遺産分割でもめて、長引き、得する人はいません。相続人は皆、一緒に沈んでいくだけです。

 弁護士も実際のところ、もめればもめるほど得するわけでは決してありません。飲食店が、回転が速い方が実入りがいいのと同じです。ざっくばらんに言えば。

 

 相続事件において、もっとも経済的に合理的な行動は、

 さっさとすべてをオープンにして、協議を成立させることです。

 欲を出すと、結局、損をすると思います。損している人を見ていて、心からそう思います。

(おわり)


*真っ直ぐ王道を歩むのが、最も得をする道。

 ズルして脇道を通り抜けようとすると結局は痛い目に遭うだけです。

 やってしまったら。あとは往生際よく。

Img_2274

 

2014年11月17日 (月)

エンターテイメント業界の法律

Fullsizerender

 奈良橋陽子さん「ハリウッドと日本をつなぐ」(2014年、文藝春秋)を読みました。

 エンターテイメント業界。なかなか厳しく、かつ面白いです。特に、映画製作。

 それはともかく。こういった記述に職業的には目がいきます。

*赤字 松井

72頁

「契約書」

「万事うまくいって、ある俳優がその役に選ばれたとします。すると今度は大手のスタジオと契約をします。同時にビザの手配もしてもらいます。

 日本では弁護士を雇うことが少ないと向こうも知っているので、契約書にすぐにサインするように強く要求してくることも多々あります。ただ、アメリカの弁護士(もちろん日本の弁護士の場合もあります)が入った場合はその契約書をちゃんと見て、どの条件が入っていないとか、この条件は権利を譲り過ぎだとか、チェックしてくれると思いますので、そのアドバイスに従うことが大事てす。

84頁

「翻訳の難しさ」

「契約書は正確に翻訳し、法律上のことをきちんと俳優に理解してもらわなければいけません。かつて、大手のスタジオが契約書を作成し、それを日本人の役者のために翻訳する必要があったと時に、『こちらにできる人がいるから大丈夫です』と言われたことがありました。しかし『念のため、事前に一度読んで確認してください』と言われたので読みましたが、最大の問題は、その『できる人』が映画独自の表現を知らなかったことでした。

 契約書の中に『××日はFREEである』と書かれていたのですが、これを『ただ』、つまり『ギャラは支払われない』と翻訳していたのです。実際は『この日はオフの日』というのが正しい意味なのです。このことは指摘すると、スタジオの弁護士は『ではあなたが知っている人で、契約書の翻訳ができる人はいませんか?』と尋ねてきました…!」

 奈良橋陽子さんの本を読んでいて、興味をもち、それならばと、日本の芸能界からハリウッドの映画出演にと挑戦した田村英里子さんや、工藤夕貴さんの本を読んでみました。

 二人とも、「SAYURI」を通じて奈良橋陽子さんと面識があるようです。それぞれの本に、「奈良橋陽子」さんのお名前が登場してきます。

 いずれにしても、ハリウッドの映画業界、熾烈な様子がうっすらと垣間見得ます。想像を絶する競争の世界なのでしょう。

 日本の「ぬるい」契約社会も、これから、ようやく徐々に変わるかもしれないですね。

 CDが売れない。

 マドンナは、もう5年以上前に見越して、レコード会社から離脱してますし。

 http://songjing55.cocolog-nifty.com/20022010/2007/10/the-paradigm-in.html

 業界激変。

 でも、映画業界はどうなのでしょう。

 出版業界も激変ですよね。

 そういえば。

 昔。

 友人が、東京の大手出版社から小説を出版するというとき、契約書のチェックを頼まれました。

 ただ、じゃぁその段階で、全くの新人小説家である友人が、その大手出版社と契約条項を巡って交渉する余地、つまり大手出版社は、規定の契約書の条項を変える余地があるのかというととてもそのような期待はできない力関係でした。

 どうしても、出版社の方がこの本を出させて欲しい、あるいは、俳優として出演して欲しいという「オファー」を受けた立場なら、別です。

 しかし、そうでないと。

 規定の契約書、つまりは出版社に有利で契約書を出版社が著者との交渉に応じて、変えるかどうか。

 こういった、ことを始める前から諦めて、交渉しないというメンタリティがこれから日本でも変わっていくんでしょうね。

 お互い、言うだけいわな、という。で、言ったもの勝ち。黙っている者、交渉しないものが損をする。

(おわり)

* 奈良橋さんの本で、「MIYAVI」さんを知りました。格好いい。。。

 既に日本ではいろいろ言われているようですが、アンジェリーナ=ジョリーの監督作「アンブロークン」を早く日本でも観てみたいものです。まだ上映は決まっていないのか。

https://www.youtube.com/watch?v=t8nbgm-bPIU

2014年11月10日 (月)

一級建築士と弁護士の団体が、マンション管理を「監査」する!

Img_1756
*ヒューガルテンホワイトです。

別のプログで書いたのですが、こちらでもPRをしておきます。

雑談の中からの話です。
これは本当に、マンション管理組合、理事者らにとって、お悩み解決の
団体になるのではないかと思うのですが。
一級建築と弁護士からなる団体、NPO-ASJ建築問題研究会において、
大規模修繕や、積み立て状況、管理会社の働き具合等をチェックします。
適切に、なされるべきことがなされているのか否か。
交渉ごと、法律ごとは弁護士です。
しかし、弁護士は、工事の適否、修繕の適否等はわかりません。
マンション等の建物を設計している建築士さんならわかります。
この建築士と弁護士が二人一組で、相談に当たります。
一度に、方向性が見えます!
ぜひご相談を!
次回は、12月6日土曜日が相談日です。費用はなんと、一級建築士と弁護士に一度に相談できて、3000円です!
*マンション管理会社の活動の適正化への動きがドンドン、今度こそ広がっていって欲しいです。声をあげないと。
R0010375

2014年11月 4日 (火)

「これが私のレンガだ」

20141104_105537

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NE956V6KLVRB01.html

ブルームバーグ日本版から。

 性的指向を公表すること、Appleという世界的大企業のCEOが、なぜプライベートな事柄である自身のこと、ゲイである、ということをあえて世界に公表するのか。

  「それでも、今でも多くの州には性的指向だけを理由に従業員を解雇することを認める法律がある。ゲイだという理由で大家から立ち退きを迫られたり、病気のパートナーを訪ねることや遺産の相続を妨げられたりするような場所もたくさんある。数えきれないほどの人々が、特に子供たちが、性的指向のために毎日恐怖や虐待に直面している。」

 この現状に心を痛め、自分ができることをする。

 「人生における最も大事な問い掛けは『自分は他人のために何をしているか』だ」というマーティン・ルーサー・キング牧師の言葉を深く信じている。」

 「もしアップルのCEOがゲイだという話を聞くことによって、自分自身を受け入れることに苦労している人が助けられ、孤独を感じている人が慰められるなら、私のプライバシーを犠牲にする価値があると考えた。」

 

 社会の中での少数派故の苦悩は、LGBTといった性的指向故だけでなく、他にもいろいろと当然あります。

 ベビーカーを押す親、車椅子と段差、エレベーターの有無、グッド オールド ボーイズ ソサエティの中の女性などなど。

 各人の生きにくさに対して、もちろん自分も抱えるであろう生きにくさに対して、自分のためになにができるか、人のために自分はなにができるのか。それを考える。そして考えるだけでなく行動すること。

 それが「レンガを積む」ことなんでしょう。

 このニュース。

 自分は今の地球に生きている人類の一人なんだというのを思い知った気がします。

 近くの町では7歳の子供が親に鎖で繋がれ、近くの河原ではテント暮らしの人がいて、遠くのアフリカ大陸では女の子は学校へ行くのを禁じられ、病に苦しみ、今日の食事もなく、飢えに苦しみ、経営者は来月の給料の支払いに怯え、妻は夫の暴力に怯える。

 問題は山積です。

 自分は何ができるのかを考え、自分ができることをやっていくしかないんでしょうね。

 といったことを日々、心に刻み付けるために、ティム=クックさんは、オフィスに、マーチン=ルーサー=キング牧師やロバート・F・ケネディの写真を飾っているのでしょう。

 「私が毎朝オフィスに到着すると、キング牧師とロバート・F・ケネディ氏の写真が私を出迎える。」

 「彼らの写真を見た時、他者を助けるために小さいながら自分にできることを私もしていると感じることができるだけだ。私たちは正義に向けて陽の当たる道をともに進んでいる。れんがを一つ一つ置きながら道を作っていく。これが私のれんがだ。」

 

(おわり)

* 生きている限り、地球の重力を感じて前に進み続けるしかないんですよね。

 ある日の坂道。ジョギングは楽し。

15703897221_71188ffdaa_z

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

松井の他のブログ!