2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

flickr


« リラックス 〜戦いの極意?〜【松井】 | トップページ | のっとり弁護士 »

2009年5月29日 (金)

「戦わない」 【松井】

3510100688_c3609c2836

 戦わない。これが最強だと思います。
 「がんばらない」という、医師が書いた本があったかと思いますが。
 「戦わない」。


 合気道も、戦いません。試合、ないです。でも、強いかどうかは分かります。

 合気道は、自分からはしかけません。
 というか、本当はわざと隙をみせて相手をそこに呼び込み、相手に仕掛けるといえば仕掛けるんだけど。自分からあからさまに打ちにいくということはありません。
 隙をみせ、そこにくいかかってきたところを相手のその動の動きに、別の角度から違う動きを付け加えて、相手のバランスを崩し、倒します。
 倒して、とどめをさすやり方もあるのですが、皆から一目おかれる有段者の方が仰っていたことがずっと頭に残っています。

 体格がまったく違う相手だと、合気道は力ではないとはいうけど、まともにぶつかることなんて出来ない。
 相手の攻撃をかわし、いったん倒したら、相手が復活する前に逃げるのが一番だ、と。
 
 聞きようによっては、相手を必要以上に攻撃しない、とどめを刺さない、逃げ道をつくってあげるということが大事ということかもしれません。


 ま、結局、感情のままに必要以上に戦ったりしない、ぶつかったりしないということだと思います。
 ケンカ、売らない。
 ケンカ、買わない。
 戦わない。

 弁護士としては、それが依頼者の利益にもっとも適う。
 依頼者の人は、代理戦争じゃないけど、相手方に対してもっと弁護士の方からギャンギャン言ってくれと思っていたりするかもしれない、戦ってくれと思っているかもしれないけど、必要以上にやりこめたりなんてしません。結局、依頼者に不利益をもたらすだけのことの方が多いから。
 
 「戦わない」というのは最強の戦術だし、やたらめったら「戦う」人よりもよっぽど格好いいと思うのですが。
 直球一本勝負、豪速球しか投げられませんというピッチャーよりは、コントロールに優れた老獪とぐらいに評されるピッチャーの方が格好いいと思います。チームに勝利をもたらします。
 緩急自在。
 「戦う弁護士」って、弁護士としては最悪ではないかと思うのですが、どうなんでしょ。
 私が依頼者なら、「あの人は狸よ」と言われるくらいの弁護士に頼みたいです。「あの弁護士さんは戦ってくれるわよ」という弁護士じゃなくって。 
 相手方に対していつも愛想よくにこにこしているけど、腹の中では何考えているか分からないくらいの弁護士に憧れます。
 

 とはいえ、事務所設立時、事務所名は、武闘派っぽい「双龍法律事務所」が良かったなとときどき思い出します。大橋に即、却下されました名前です。今も、未練があります。
 法人化したら、「弁護士法人 双龍」。
 英語名、「Twin Dragon Law Office ツイン・ドラゴン・ロー・オフィス」。

 事務所の雰囲気やブログのデザイン、そしてホームページのデザインから、たまに「可愛らしい法律事務所ですね。」と言われるのですが、野望としては実はこの対極の「強さ」を表現したい欲望もあります(わたしだけかもしれないけど)。
 「戦わない」、「戦わない」ことによって「戦い」を極度に意識し、そしてその「戦い」に勝つ「強さ」。
 以前、ブログのテンプレートも、「竹と虎」のものを見つけ、変えたのですが、即、大橋に変更されてしまいました。
 わたしのこうありたいという姿としては、「竹と虎」なんです。実は。
 戦わない強さって格好いいと思います。 
 
 ・
 ・
 ・
 東京のとある法律事務所の名前をみて、ああ、いいな、好き勝手やってるなあとちょっと羨ましく思いつつ、ぼんやりと考えました。

 ただ自分でも迷走しているのは、こんなことを書き連ねつつも、弁護士ブログとしては方向性を誤っているのではなか!?他の弁護士ブログを見てごらん、女性の弁護士のブログを見てごらん、全然違うよ、変な方向にいっているんじゃないの?!という頭の中のこびと9の声も聞こえたりして。
 
 あこがれるのは、DNaの南場智子社長のブログです。
 会社の社長のブログであれだけ笑いがとれるのはすごいです。
 笑いをとるには、自分で自分を笑えないといかんしなあ。「紳竜の研究」のDVDを観直そうかな。
 
(おわり)

3487023905_12bf036391


« リラックス 〜戦いの極意?〜【松井】 | トップページ | のっとり弁護士 »

02 松井」カテゴリの記事

07 訴訟活動」カテゴリの記事

08 弁護士業務」カテゴリの記事

10 つれづれ」カテゴリの記事