2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

flickr


« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

テレビの世界/小説「神様のシナリオ」松居幸奈【松井】

3067052103_325a756649


 来週の12月5日、講談社から新しい小説が出版されます。
 その名も、「神様のシナリオ」松居幸奈・著。

 過去、現役TV局ディレクターが小説を出版したといえば、フジテレビのドラマの女性プロデューサーの方が有名ではないかと思いますが、今回は、大阪を舞台にした、女性ディレクターの仕事っぷりを題材とした小説。ディレクター、というかAD(アシスタント・ディレクター)の仕事っぷりを描いた様子が圧巻の小説です。
 

 出版前に原稿を少しだけ読ませてもらう機会がありました。
 その後、さらに手を入れられているようなので完成版はさすがにこれからですが、圧巻はAD時代の働きぶり。

 ADとは、「アシスタント・奴隷」の略だと言われ、まさにそのとおり!?というように、24時間仕事漬けという働きぶりです。

 最近、アメリカのTVドラマ「アグリー・ベティ」を観たのですが、第1話、こき使われるベティの様子をそのまんま地でいく姿です。コロコロ変わる上司の指示に振り回されたり、大勢の前で笑い物にされたり、怒鳴られたり。
 読んでいると非常に切なくなってきます。どんな状況でも、めげることなく立ち向かいつつ、でも徐々にダメージを受けていく主人公の咲子の様子が切ないです。

 でも、ただ切ない、胸がぎゅっと痛くなるだけではなく、読み進むにつれ、咲子の変化の様子、気持ちの変化、行動の変化がテンポよく軽やかに描かれ、最後は元気になります。

 ああ、自分の不運や力不足を嘆いたりするけど、でも嘆いている場合じゃない、もっと辛い状況でも、嘆くだけでなく立ち向かっている人がいるんだと思うと、自分ももっと頑張ろう、頑張れるはずだという気持ちになります。



 読むと、自分なんてまだまだ大したことないな、と吹っ切れたような爽快感を感じます。 
 ぜひ!

 「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」という小説、映画がありました。60年代?、ロケットにたった一匹乗せられて、宇宙に飛ばされたライカ犬。自分がどんなに辛い状況であっても、あの宇宙に飛ばされたライカ犬よりは自分はまし、と呟いて、辛い現実を生き抜いていった少年の物語です。
 たとえていうなら、この「ライカ犬」よりはましといった気持ちで、自分とは別世界の話しとして、パラレルワールドに生きる主人公咲子を宇宙の彼方を見上げるかのように見るかもしれません。
 でも。
 本当は。
 宇宙に行ったライカ犬だけが見られる景色があり、地上にとどまった犬には見られない世界がそこに繰り広げられています。
 宇宙の彼方を見上げるとき、宇宙に行ったライカ犬を羨ましく思い、夜空を見上げているのかもしれません。
 宇宙に行った人だけが語れる世界が小説として描かれています。
 しょうもないバラエティ番組をみたとき、ちょっと見方が変わるかもしれません。馬鹿にしているけど、本当は、羨ましいのかも。自分のいない、自分の見たことのない世界に思いを馳せて。それが、テレビ。
(おわり)

 バレバレですね。そうです、著者は友人です。売らんがため、がんばってアマゾンのバナーまでしてしまいました。ほんまに面白いので、是非!がんばろうって思える小説です。
 
3067888104_aa2f3a1135


2008年11月22日 (土)

「弁護士を『輸出』せよ」【松井】

3042091363_68797ff41d

 先日11月17日付の朝日新聞に折り込み広告のように異質な紙質で記事が入っていた。
 刺激的なタイトルが目に飛び込む。
 「弁護士を『輸出』せよ」。
 なんだ、この記事はと思い、一応全てに目を通した。
 新聞見開き4ページの分量。


 結局、海外との取引等で活躍する弁護士の紹介記事のようなものであった。誰向けの記事なのかがよくわからない、これらの日本の弁護士の紹介記事か何かか。趣旨のよくわからない印刷物だったけど、「そうだよね」と思うところもなきにしもあらずだったので、自分用にちょっとここにメモ。


 □「われわれのネットワークがあっという間に仕事をした」

 そう、弁護士には、弁護士でも、ネットワークが大切です。それは海外のビジネスに限らず。
 一人では不十分と思った時、その分野に強い、あるいは一緒に力強くことをすすめていける他の弁護士、紹介できる弁護士は誰か?、あるいは会計士、税理士、司法書士さんといった専門家、あるいは学者の方は?と瞬時に頭を巡らし、電話して依頼できるだけのネットワークが必要です。
 弁護士一人だけで出来ることって非常に限られています。
 逆に、自分もまた、他の弁護士から相談を受けるだけの特異性がないと駄目だといことでもあります。

 □「スピードこそ命、世界に時差はなくなった」

 そう、それもそのとおり。弁護士に頼んだけど、なかなか進まないという話は実はよく耳にします。電話をかけても、折り返しの電話がない等など。
 確かに弁護士は皆、忙しい、でも忙しいからこそスピードアップしないとますます忙しくなって身動きできなくなる。

 □「企業に必要なのは参謀であり、サムライだ。」

 一緒に戦ってくれる弁護士が必要です。でももちろん、負け戦を負け戦であることを秘して押し付けてくるようなのは論外。これからはそういう弁護士も出現してくるかもしれません。
 勝つには、目標を達成するにはどうすればいいのか、どうアプローチすればいいのか、ひたすら考えて、戦略をたて、実行できる能力があること。

 □「日本の法律事務所はもっと国際社会に目を向けないと、欧米に牛耳られます」

 生温いかもしれない。狩猟民として、サムライとして、仕事すべき。

 □「困ったときの駆け込み先ではなく、彼は知恵袋」

 そう評価され、位置づけられる弁護士は素晴らしい。
 質問され、質問されたことに、可/不可を回答するだけの弁護士ではなく、相談者が見えない問題を見て、質問し、提案し、解決する力があること。

 □「企業間の争いは、いまやリアルタイムに、同じ土俵の上で、同じルールの下で展開される」

 日本の基準だけで、自分の基準だけで考えていると大やけどをする。

 □「ここでは、弁護士が企業訪問するのは当たり前です」

 大阪の法律事務所が東京に支店をもった。大阪と同じ感覚で、アポの時間に来た依頼者を待たせた。依頼者は怒り狂った。という話を聞いたことがあります。
 中国では、弁護士が、日本の税理士さんのように顧問先をまわるのが当たり前という話は、日本にいる中国人の弁護士さんから聞いたことがあります。
 弁護士間、法律事務所間でも、競争が激しいということなんだと思います。

 □「保険業法ができた過程をさかのぼり、衆参の委員会などの議事録を調べ、金融庁から『免許は不要』という回答を引き出した。ただの問合せなら誰でもできる。しっかりと理論武装をして、行政から顧客のための判断を勝ち取る。そんな弁護士が求められている。」

 え?!当たり前じゃないの?それが弁護士の仕事だし、存在価値なのでは?!
 理論武装が出来てなんぼのものでは、弁護士って。
 常に、裁判になったら裁判所はどう判断するかというのを頭において、理論武装し、交渉での解決を試みる。
 それが出来るのが弁護士なのではないのか!?
 交渉の相手が、行政だろうが、私人だろうが同じ。

 □「顧客のニーズが増すのに伴い、法律事務所も弁護士も、国境を越えた問題に、素早く、的確に対処できる力がますます厳しく問われる。」
 「重要なのは『ルールや政策を形成していく役割を担う』という領域だ。」
 「ビジネスの広がりや社会の変化が新たなルールを求め、古いルールを壊していく。これからの弁護士に求められるのは、その担い手としての広い視野とタフな交渉力だ。」
 
 え!?これも当たり前じゃないの?何を今更という気がする。
 ニーズに応えられるように常に勉強できる仕事というのが弁護士の仕事の魅力の一つでもあると思う。常に、奮闘せざるをえないから、飽きない。9時ー5時じゃなく、しようと思えば何時まででもやっていられる。いやいややる仕事じゃない。ただ、時には朝方、ハッと目を覚ましてしまうこともあるけど。
 ルールや政策を形成していくというは、今までの多くの弁護士がそれをやってきてるやん!と思う。
 消費者金融の金利がなぜ、ここにきてほとんどが18%になったのか。その前は平気で28%だった。
 消費者金融に戦いを挑んだ弁護士がいたらから。
 割賦販売法や特定商取引法が改正されるのもしかり。英会話のNOVAが破産に至ったのも、中途解約者に対する対応で、NOVAのやり方に憤慨し、40万円の訴訟のために一人、最高裁まで「理論武装」して戦っていった一人の弁護士さんの戦いが一つの引き金になった。というか、もともと会計処理が不適切だったんだと思うけど。だから?監査法人も訴えられた。
 既存の法律にとらわれない「広い視野」と「タフな交渉力」で、「古いルール」はいっぱい壊されている。
 
 うーん、何を今更という記事だった。
 でも、確認という意味では、いい記事だったと思う。
 一応、保管。


 まがりなりにも弁護士である、弁護士として働いているというからには、だいたいそれなりに、皆、戦うこと、挑むことが好きで、しかも自分は負けないと思っているに決まってると思うのだけど。じゃないとやってられない。奮闘している自分が好き、結果を出した瞬間がカタルシスというのがないと。たぶん。
 じゃないと、もうすぐに転職してる。

 仕事が性格をつくるのか、性格が仕事を求めるのか。
 血液型占いというのはまったく科学的根拠がないことは百も承知の上で。まわりの法曹には、B型が多いです。
 冒頭の写真、最近なんだか貫禄がついてきた大橋もB型です。
 
 やはり「弁護士は、悪しき隣人」?
 「よい隣人」では、「弁護士」なんて仕事はやってられないといことだろうか・・・。

 にしても。英語の読み書きが仕事レベルじゃないというのは確かに、痛い。非常に痛い。今から必死に、文献を読める程度にはしないと。
 それに。たぶん、落ちようと思えばどこまでも落ちていける仕事。なんの仕事も同じだと思うけど。まずは、昨日の自分に今日、勝てたかどうか。その積み重ねでしかない。足を踏み外さないように。まだまだ反省し、改善すべきところは多い、当たり前かもしれないけど。依頼者の方に対しても、事件の相手方に対しても、裁判所に対しても。
 この10年、いったい何をやってきたのかとも思ったり。  
 
(おわり) 

3042929856_f363d9dfa3


2008年11月14日 (金)

ご縁【松井】

3020862067_ed8ca3bf2d

 3年ほど前、突然、相談・依頼を受けました。取引先の会社から弁護士名で内容証明郵便が来た、身に覚えのないことが書かれ、数百万の請求を受けている、と。
 自身の会社で対応するよりも、弁護士に相談し、自分の方も弁護士名で対応したほうがいいとの判断をされたとのこと、しかし普段、弁護士との付き合いもなく、どこにどう頼んだらいいか分からない、とりあえずネットで大阪市内の弁護士を検索すると、当時でも既にいくつかの法律事務所がHPを持っている、その中でうちの事務所を選び相談されたものでした。
 男性弁護士よりも女性弁護士の方が、何かとしんどい状況でがんばっているにちがいないから、女性弁護士に相談した方があたりの可能性が高い、と判断したという率直なご意見でした。
 大阪ふたば法律事務所では、敢えて一見さんお断りといったことをしておりません。この方のように本当に困り、弁護士のサポートが必要な方、しかし弁護士を紹介してくれる知人がいないという個人の方、企業の経営者の方はごまんといると考えているからです。
 ただ、なかには単に弁護士名を利用しよう、弁護士をいいように利用しようという方もいなくわないわけで、内容によっては相談段階で、依頼はお断りすることももちろんあります。ほかにも弁護士はいるので、あなたの希望に添える弁護士はほかにはいるかもしれませんが、当事務所ではお断りさせていただきますという方です。
 

 相談から、さらに事情をよく聞き、資料等も見せてもらったところ、反論は十分に成り立つと判断しました。その方の主張はもっともでした。
 相手方の弁護士には、請求に応じる意思は全くないこと、その根拠事実等について記した書面を送りました。
 結果、訴訟を起こされるか否かですが、提訴されることはありませんでした。
 証拠、主張が提訴に耐えない、訴えても敗訴すると判断したのか、あるいは何らかの事情があったのかもしれません。それは分かりません。
 結果、3年ほどの歳月が流れました。

 事務所の保管記録にある当時の記録の背表紙が目に入り、その後何の連絡もないということはよい知らせなんだろうなとぼんやりと当時のことを思い出していました。
 すると、現在は東京で新たにお仕事をされているという当時の経営者の方から、新たな件で相談の電話を受けました。
 驚きました。
 おそらく誰でもそういうことがあるかと思います。同時性?だったかなんとかいう言葉。


 いずれにしても、過去、ご縁があった相談者の方、依頼者の方から、ご連絡をいただくというのはやはり嬉しいものです。
 暑中見舞い、年賀状等で、近況を記したお返事をいただいたり。
 終わった事件でも、その後、どうされているのかなとときどき思い返します。

 本当は、皆、弁護士などと一度つき合ったら、それっきりがいいに決まっていると思います。
 新たな紛争との関わりであれ、あるいはこれから向き合う困難な状況に対するアドバイスを求めるものであれ。
 何かトラブル、紛争等の関わりでしか、普通、弁護士との接点なんてあり得ません。

 過去の依頼者の方から新たに連絡をもらうとしたら、たいていは新たなトラブルに対する相談です。
 それはこの職業上、やむをえないのかもしれません。
 ただ、なかには、新たに商売を始める、あるいは新たにこういったビジネスをするけどその際の注意点、アドバイスを求めてご連絡をいただくこともあります。
 こういうときは本当に嬉しいです。
 がんばって成功して欲しいと思います。
 そのためには、紛争予防のため、こういった点を気をつけたらいいといったことをアドバイスできます。だって、弁護士は失敗事例を多く見ているから、多くの人がどういった点でしくじるのかを知っています。ということは、その点について予め対策をたてておけばトラブルを未然に防ぐことにつながります。
 
 新たな紛争の相談であっても、早めにご相談いただくことにより紛争がそれ以上拡大することを防げたり、不安だった気持ちが落ち着いたりして、笑顔で帰っていただけることもあります。


 因果な仕事だと思うこともありますが、やはり解決したりしてほっとした表情で依頼者、相談者の方と別れるとき、役に立てて良かったなと心から思います。
 この仕事のやりがいは、そこにしかありません。
 自分のことだったらたいしてがんばらなくっても、人のことだからがんばれる、さらにはその方ご自身が本当に一生懸命とりくんでいたら、なおさらです。自分が人間として役に立っているという実感。
 そのために、何か出来ることはないか、何か使える理論はないか、何か使える判例はないか、何か相手の弱点をつけることはないか。
 必死で考えます。
 理論が先にありきではなくって、結論、価値観が先にありきです。法理論なんて後づけです。
 もちろん、法理論のない戦いは、負け戦です。
 しかし、「この結論はおかしい!」という価値観が、法理論や証拠を探す原動力になります。

 そのことは、何度か書いていますが、弁護士2年目くらいのときに関わらせていただいた、兵庫県の自立支援金不支給の訴訟で学びました。
 原告の女性はたった1人で、県を相手に戦いました。
 先輩弁護士たちや、サポート団体は、その彼女と一緒に戦いました。
 兵庫県の判断はおかしい!との思いで。
 理論はあとからついてくる、走りながら考える。
 このとき、裁判所は、地方裁判所も、高等裁判所も、応えてくれました。たった1人の原告だった女性は、勝ちました。
 
 「おかしい!」と思うこの気持ちが原動力です。
 諦めるのは簡単です。諦めないで追及するということは困難な道のりです。
 それを乗り越える原動力は、気持ちしかありません。
 依頼者の方は、おかしい!という思い。
 そして代理人は、この依頼者の方の気持ちに対する共感です。

 そういう意味では、依頼者と代理人弁護士とのご縁は、「類は友を呼ぶ」なのかもしれないなと思っています。共感のないところに代理人関係はあり得ません。
 ご縁って不思議だなとときどき思います。


(おわり)
 
3020751519_59e4ba3cae


2008年11月 7日 (金)

最高裁判決と憲法改正〜カリフォルニア、同性婚〜【松井】

3005315142_54f3045d27

 アメリカの法制度がどのようになっているのか、正直なところ、きちんと全体構造を把握してはいない。
 ただ、日本であれば、最高裁がある判決を出し、問題の所在が指摘され、解決策が示されたならば、ある法律が違憲と判断されたならば、国会は法律改正に着手する。
 最高裁が憲法に基づき、当該法令は違憲であると判断したならば、法律を改正する。
 例えば、有名なのは、刑法200条。尊属殺に関する規定が削除されています。
 199条で殺人罪が規定され、200条で、被害者が親であり、加害者が子であった場合、より重く処罰するものとして法定刑がさだめらていました。
 しかしこの200条は、憲法14条、法の下に反するとして違憲無効判決が出されました。昭和48年のことです。法定刑が、無期懲役と死刑しかない点が問題だと指摘されました。
 これを受け、国会は、200条を削除しました。
 違憲だという最高裁、憲法がおかしいというのなら、憲法改正がありえます。
 しかし日本の憲法では、憲法改正はなかなか出来ないような仕組みにされています。
 憲法というもっとも根本的な法規がころころと変えられたら意味ないじゃん、ということです。


 しかし、カリフォルニアではちょっと事情が違うのかなということです。
 日経新聞の11月6日付け夕刊で小さく報道されていました。
 「同性婚禁止を可決」「カリフォルニア住民投票」
 
 「カリフォルニア州の住民投票で、同性婚を禁止する州憲法改正案が可決された。」とのことです。
 これは、5月、カリフォルニア州の最高裁で、同性婚を認める判決が出たことに対してのものです。
 
 日本の憲法しかきっちりと勉強していませんが、日本の憲法は、その趣旨を勉強したことがある人なら皆知っているように、そもそも欧米の様々な歴史を踏まえて、それらを前提として、土台として構成されたと理解されています。
 
 22歳ころのとき、司法試験の受験勉強の一環として初めて「日本国憲法」というものについて学んだ時、深く感動しました。
 多数決によっても侵害されない少数者の利益の擁護。
 国会は多数決です。多数決による法律によって、少数者の利益が不当に侵害されている場合、最高裁判所は、憲法に従い、少数者の権利を侵害する多数者による法律に対して、無効を言い渡すことが出来る「力」が憲法によって裁判所には与えられているのです。
 そのことから、裁判所は、「人権の最後の砦」と評されていました。
 
 そして憲法の改正については、単なる多数決ではなく、憲法96条以下で、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない、とされています。そして、「この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする。」とされています。


 カリフォルニア州でも、住民投票が実施される以前に、州議会での3分の2以上の多数の賛成といった手続きがあったのでしょうか。
 
 憲法改正までして、守られるべき多数派、反対派の守られるべき利益って何なのでしょうか。同性婚が認められたからといって実害はないはずです。あるとしたら、「感情」ではないかと思います。「不快感」といった曖昧なものではないかと。
 確かに、社会風俗といった曖昧なものが保護法益にされることがあるのはもっともかとは思います。公然わいせつ罪なんてそうかなと。嫌悪感です。性的羞恥心を害するといった表現が判例上されたりします。
 でも、同性婚の場合、ちょっと違うかと思います。
 否定することによって、損害を被る人々がいます。
 病気になったとき、死亡したとき、婚姻制度という法制度があるなかで、これを利用できていれば親族として当然に法的に保護される利益が認められません。
 二人のライフスタイルは、実態は、中身は、「婚姻生活」といわれるものと同じであるにもかかわらず、婚姻意思があるにもかかわらず、制度として受け入れらないがために、法的な保護を得ることができません。
 親族と扱われないことが何を意味するのかというと、単なる友人として法的には扱われることになります。
 その他大勢の1人です。本来、その人にとっては特別な1人、配偶者と同様であるにも関わらず。

 これは、合理的な理由のない区別だと私は思うのですが。
 異性/同性 によって区別することが、「合理的」といえるのかどうかだと思います。
 いかなる利益といかなる利益が対立しているのか。
 制約する必要性、許容制。
 制約を解く必要性、許容制。


 刑法200条をなぜ最高裁は違憲無効としたのか。
 理屈は、憲法14条違反でした。
 しかし、その実質はというと、私は最高裁の判事も人間なんだな、当たり前だけどと思いました。受験時代のこの裁判例を知ったとき、このときもちょっと感動しました。
 事案はというと。
 娘が実父を殺害した事案でした。
 娘は、10代のころから実父にレイプされ何回も妊娠し、堕胎してきました。
 そのような中、20代となり別の男性と幸せになりかけたとき、実父から妨害を受けました。
 そして娘は実父を殺してしまいました。
 このような状況で、200条は、無期懲役か死刑と刑罰を法定していしました。
 この結論が許容できない、相当ではない、だから、最高裁は、憲法14条で娘を救ったのだと思います。
 その被告人の娘の具体的な利益の前では、尊属殺人罪の保護法益、国会で多数決によって成立された法律は覆されるべきだと判断したのだと思います。
 そして、国会も、この判決のあと、200条を削除しました。

 抽象的な利益と具体的な、個人のリアルな利益。目の前のその個人が優先されるべきだと私は思っています。

(おわり)

*箱根の平賀敬美術館です。とても素敵な美術館でした。
 幸夫人、ありがとうございました。 
3005114888_349fca2e79


« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »