2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

flickr


« Mastery for Service【松井】 | トップページ | みんながんばってる【松井】 »

2008年8月 5日 (火)

抜け殻?〜内部統制はいったい、監査はいったい〜【松井】

2727233801_d4901aa22e
*抜け殻。


 今朝(8月5日)の日経朝刊。
 「循環取引の総額80億円」との見出し。
 三井物産九州支社の話。

2 
 7月25日付けの読売オンラインから。

 

三井物産九州支社が循環取引関与か、架空売上を計上
 三井物産は25日、九州支社(福岡市博多区)が2000年9月から約7年半、農薬などの農業資材について、複数の企業が互いに発注を繰り返すなどして架空の売上高を計上する「循環取引」に関与した疑いがあると発表した。
 この取引の同社の未回収額(6月末)は約8億円としているが、取引の総額は不明。同社は弁護士や公認会計士を含む社内調査チームで全容解明を進めており、関係者の刑事告発も検討している。
 福岡市内で本坊吉博・同社化学品第2本部業務部長らが同日会見した。発表によると、問題の取引は08年2月まで続行。農業資材は一般消費者に販売されずに企業間を回り、再び仕入れ先に戻るなどしていた。最近は伝票上だけの架空取引が相当部分を占めたという。取引のあった問屋の1社から6月、資金繰りの相談があったことから関係者に事情を聞き、循環取引の疑いが発覚した。

3 
 発見の経緯が、一部上場企業で既に制度が導入済みであろうはずの内部統制によるものではなく、「取引のあった問屋の1社から6月、資金繰りの相談があったこと」が契機というのが興味深い。
 仏作って魂入れず、だったんだろうか。
 他山の石か。
 いったいどうしたんだろう。
 内部統制論。機能するんだろうか。

 高校生のとき、NTTが開発した何タラデータシステムというのを文化祭でなんだかしらないけど取り上げることになり、教室に展示されていたけど、そんな情報システムはひっそりと消えていった。
 試行錯誤が大事だということだろうか。何もしないよりはましと言った程度か。

 売上の架空計上。循環取引。今度のは見えないデータじゃないよ。いったいどうなっているんだろう、監査も。監査なんてなくしちまえ、と呟いた元監査法人の公認会計士の方の声が耳に響く。
 どうなっているんだろう。100%じゃないにしても、これは見抜けなかったんだろうか。
 別に揶揄しているわけでもなく、純粋に「失敗の本質」に興味がある。なぜなんだろうかと。

(おわり)
大橋に挑む! 「ツイン・ドラゴン・ロー・オフィス」なんてどうでしょ。
タロー大橋、セブン松井。
 ↓
2655424148_783701447d


« Mastery for Service【松井】 | トップページ | みんながんばってる【松井】 »

02 松井」カテゴリの記事

10 つれづれ」カテゴリの記事