2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

flickr


« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月26日 (木)

社会の役割分担/取材記者と知事と弁護士と 【松井】

2611021411_d665dbc567

 なんとなく最近、「下水道」に心魅かれてます。
 梅田のブックファーストで、下水道ビジネスに関する本をみつけ、思わず買ってしまった。
 また、今朝の日経でも「下水道事業 赤字7.6兆円」という見出しの記事を見つけ、切り取る。
 以下、日経の記事から。

 下水道事業は市町村単位での運営。この点、06年度の汚水処理の赤字額は約5000億円であり、市町村は一般会計からの繰り入れなどで赤字分を穴埋めしているらしい。
 総務省は05年1月、下水道事業が赤字の自治体に対し、家庭の標準的な月額使用料金を3000円を目安に引き上げるように通知を出しているらしい。
 「下水道は過大投資で市議会はチェック機能が働いていない」と言われたり、
 下水道は談合事件が頻発し高コスト体質との批判もあるとか。


 報道の役割。
 だったら取材して、事実を報道して欲しい。
 批判は誰でも出来る。
 数字を拾って、数字の異常性を他の数値と比較して明らかにし、問題点の事実を指摘してほしい。
 記者は何をしているんだろう。
 いろいろと疑問におもっても、別の仕事を普通にもっている人がそういった事実を取材して明らかにすることは困難。
 それを代わりに担うのが取材、報道の社会的な役割。
 社会の役割分担。


 四国の一地方紙で取材記者をつとめる友人がいます。
 事実の取材に力を振り絞れば、一地方の政治、議会、業者、県民市民との関係、財政上の問題点、迫りくる、でも一部の人しか気づいていない危機などがいっぱいあると思う。
 がんばって取材してほしい。
 そのためには取材する方に問題発見能力と人とのコミュニケーション能力が必要。彼女はすべて満たしている。
 能力を発揮して欲しいと思う。
 小さな町で一人取材記者を任された彼女、小さな町から大きな問題提起をしてくれると期待している。
 それが。
 社会の役割分担。


 大阪府の橋下知事は正しい方向に進んでいると思う。
 予算の削減対象に対して批判しても、建設的ではない。
 その時々の優先事項を決して、分析し、決断していくことを繰り返すしかない。
 橋下知事がよく口にするとおり、「大阪府」という行政組織は破産会社と同じだと言う位置づけの確認がまずありきだろう。破たんした会社からは本来、何のサービスも受けられない。破たんした会社の社債は本来、売れない。誰も買わない。会社は清算されて消えるのみ。
 国は通貨発行権限があるので、地方自治体とは立場が異なると言われる。地方自治体には通貨発行権は、もちろんない。
 それが何を意味するのか。考えたことがあるのだろうか。

 想定される最悪のパターン、状況を認識する力、そしてそれを受け入れ、それを避けるためにとれる最善の行動をとること、その際にはいろいろな価値観が交錯するなか、優先順位をつけて「決断」と「実行」を積み重ねていく。
 弁護士の仕事にそっくり。
 まさに弁護士の仕事をしている、橋下知事。
 知事として今、果たすべき責任を果たそうとしている、と思う。
 社会の役割分担。

 ちなみに。6月21日付けの朝日の記事によれば、「大阪の水道事業統合で大筋合意」として、大阪府と大阪市の水道事業を2017年度までに全面的に統合するとのこと。橋下知事と平松市長の写真が掲載されていました。
 行動してる。若いからか、弁護士だからか。そういえば、オバマさんもクリントンさんも、弁護士。敢えて苦しいところに飛び込んでいく自信家が多いのか。自分なら何とかできる、もっとよりよく出来るという、自信。
 橋下知事。弁護士タレントとしてテレビバラエティーに出演していたときは、弁護士の使い方などいいことを言っていると思うときもあれば、???と思うこともあったけど、根は真面目なんだろう。よかった。
(おわり)
 
2610966333_b3a623dd96
撮影者KYさん。カメラの師匠。

2008年6月25日 (水)

言葉の喚起力、その2。あるいは映像の力。

2577103821_df0dafabc2


 事務所の名前は「大阪ふたば法律事務所」といいます。
 大橋と一緒に事務所を立ち上げようと言うとき、事務所名について悩みました。
 私が提案した案。そして、今も出来ればこの名前にと思う名前。
 それは。

 「双龍法律事務所」


 大橋からは即却下されました。
 こわもてっぽい、ラーメン屋さんぽいなど理由は挙げられましたが、
大橋の趣味に合わなかったんだと思います。
 このブログのテンプレートも、「竹と虎」というものをみつけ、嬉々としてそれに代えたことがあったのですが、気づいた大橋にすぐに変更されました。確か、水玉模様だったかなんだかに。

 そうです。
 「大阪ふたば法律事務所」というのも、まずは大橋が「ひらがなで、ふたば法律事務所がいい」と提案し、妥協した私は、「それでもいいけど、ひらがなばかりは嫌だ。そうだ、漢字で『大阪』をつけるならいい。」と提案し、合作で出来上がった名前です。
 「大阪」がついていたら、大阪以外の場所で訴訟をしていても、ああ、この弁護士さんは大阪の弁護士さんねとすぐに分かってもらえます。
 わかってもらえたらからといってどうということもないのですけど。


 今でも時々提案しています。

 「双龍」。
 
 強そうで良いと思うけど。
 なかなか同意をしてもらえません。
 
 ロゴはもちろん、ジャン=ポール=ゴルチエのマークのような龍です。それも昇竜。
 格好いいと思うのですが。


 名は体を表すとはいいますが、訴訟上の書類では、原告が松井淑子さん、被告が株式会社大橋であっても、基本的には、「原告」といい、「被告会社」といった表示をします。
 これでは、裁判官がかかえる多くの原告の一人、多くの被告会社の一人であって、この文字をみただけでは何のイメージも湧いてきません。

 それは、私自身が修習生のとき裁判所修習において多量の訴訟書面を見ながら感じたこと。
 一見無味乾燥な書類の山の中、原告個人の写真が何かの立証趣旨のもと証拠提出されていたり、被告会社の代表者の写真や、会社の様子の写真が出ていたりすると、「おお、この原告はこういう方か。」と以後、イメージが湧きます。
 書類をみて「原告は」と書かれていると、あ、あの顔の方ねとイメージが湧きます。

 そういったものがないと、原告個人あるいは、被告会社代表者の顔をみるのは、尋問期日当日ということになってしまいます。
 あ、この方はこういう方だったんだと法廷の尋問直前になってようやく分かる訳です。

 大したことない、結論には何の影響もないかもしれないけど、抽象的な「原告」あるいは「被告会社」代表者について、顔のある「原告」あるいは「被告会社」代表者であって欲しいと思います。
 言葉の喚起力が違うのではないかと思います。
 具体的に人の顔が浮かべば、「原告は、被告会社代表者に対し、金100万円を手渡した。」と主張しても、裁判官の脳に刻み付けられる深度が違うのではないかと思います。

 なので私は、裁判資料では、なるべく写真を出すように、写真を出せるところはないかと考えるし、依頼者についても、裁判官と顔を合わせてほしくて、裁判の早い段階で一緒に一度は弁論準備でも出頭してもらうようにしています。
 

 最近、ネット上での知り合いに過ぎなかった友人の友人に生であう機会がありました。ネット上の名前はよく見かけていて、あら、○○さんがコメントをしている、と思ってみていたのですが、実際に友人に紹介されて会ったとき、「ああ!この方があの○○さん!」とちょっと感動しました。
 名前と顔が繋がった、リアルな印象をもつにいたった、感覚が結びついたような感じ。

 だからきっと裁判官も、書面だけで「原告は」うんたらかんたら、「被告は」うんたらかんたらといった書面を、字面だけを観るよりも、せめて写真でその「原告」の顔を知り、できれば動いて喋る生身の「原告」「被告」を早くに知ってもらうようにしたほうが、その後、書面を読んでも多少は印象が違うのではないかと、こっそり考えています。
 ま、結論には何の影響もないかもしれないけど。
 イメージを喚起して、こちらに共感してもらわないといけないし。
 理屈と感情。二本立て。
 
 事務所名も、「大阪ふたば法律事務所」で想起されるのは、ひょろひょろっとした双葉なので、ここはやっぱり「双龍法律事務所」にして力強い昇竜をイメージキャラにすればいいのではないかと今もなお思い続けているのですが、いかがでしょうか、大橋さん。
 イメージの力は、凄いよ。イメトレやね。

 
 ほら、例えば冒頭の写真。こんな可愛い靴を履く子どもが、実は殺人人形チャッキーだなんて想像できますか?チャッキー映画は、可愛い子ども人形が恐ろしい形相に変身して人間に襲いかかってくるというギャップが怖かった映画です。観ていないけど。
 そういえば「13日の金曜日」(これはTV放送で観た)もラストシーンが衝撃的だったのは、しんと静まり返った山深い綺麗な湖に静かに浮かぶボートのシーンとその次のシーンの対比があるから、最後、ギョッとして飛び上がる。
 チャッキー映画もジェイソン映画も、見た目とのギャップに騙されるんだけど、ということは見た目が大事ということ。
 「原告」「被告」じゃ、何も頭にイメージできない。見た目、見た目。
(おわり)

 

2008年6月24日 (火)

「72歳、男性」〜言葉の喚起力〜

2580703610_40849716e4


 「72歳、男性」。
 どんな姿をイメージするだろう。

 「美輪明宏」さん。
 どんな姿をイメージするだろう。
 
 「美輪明宏」さん=「72歳、男性」

2 
 「弁護士」
 どんな姿をイメージするだろう。

 「37歳、女性」どんな姿をイメージするだろう。
 「弁護士」=「37歳、女性」

 どんな「弁護士」をイメージするだろう。


 先日、梅田で公演されていた美輪明宏さんの舞台「黒蜥蜴」を観てきました。
 「妖艶」の一言につきます。
 その声、指先の動き、背筋、すべてから香水の蒸気がゆっくりと立ち上るような「オーラ」でした。
 何の知識もなく観ていたとしたら、主演女優にもっと興味をもち調べていたことでしょう。
 ただ、いかんせん頭の中には「あの黒蜥蜴は、美輪明宏さんが演じていて、美輪さんは72歳の男性であり、この舞台の脚本は三島由紀夫が書いていて」といった知識がありました。
 「72歳、男性」というカテゴリーによって、受け取る頭の中のイメージが限定され、今、目の前にあるものを観ることを忘れ、本質を見誤りそうになります。

 では、「弁護士」=「37歳、女性」ではどういったものがイメージされるのでしょうか。
 「裁判官」=『37歳、女性」
 「検察官」=「37歳、女性」。
 あるいは「弁護士」=「55歳、男性」では。

4 
 以前、なるほど、そう考えるのかと興味深い話を言われたことがありました。
 うちの事務所へはホームページをみて、相談予約の電話を入れた、
 取引先の方から弁護士名での内容証明郵便をうけとり、それまで弁護士とのつきあいあなどなかったのだが、弁護士には弁護士で対応した方がいいと判断、急遽、とりあえずネットで弁護士を捜してみた、という方でした。

 一通り相談事項が終わった後、なぜうちの事務所を選ばれたのかと尋ねたところ、
 「女性弁護士を選びました。」ということでした。

  ここでよくあるのは、話をしやすそうだからというものですが、この方は違いました。

 「紹介してもらうあてもなかったので、ネットで選ばざるを得ない、
 ただ、弁護士も大阪でも数千人がいる、その中でどうやって自分が望む弁護士を選ぶのか、自分が望む弁護士は、不当な要求をしてくる相手と戦ってくれる弁護士だ、今回、明らかに言いがかりをつけられている、そのことに共感して戦ってくれる弁護士を探そうとした、男性弁護士なら数千人のうち何百人といて、戦闘意欲がなくても弁護士としてやっていけている可能性もある、
 しかし、女性弁護士は数百人しかいない、数百人しかいない中で弁護士として働いて事務所を構えているからには、それなりにしっかりしていないと無理だろう、いろいろなことと戦っていないと無理だろう、男性弁護士なら男性というだけでやれているかもしれないところを、女性弁護士は男性弁護士以上に戦ってその仕事をしているはずだ、
 そうであるなら自分が望む弁護士は、男性弁護士を選ぶよりも、女性弁護士を選んだ方が確率が高いということになる。
 確率の問題から、敢えて女性弁護士を選んだのです。」

 といったことを理路整然と話されました。
 なるほど。
 私が弁護士登録をした平成11年くらいでは、女性法曹も結構多くなり、その年の新規法曹の全体の25%くらいでした。ただ、その十数年前だともっと少数です。その少数の中で弁護士として働いていくのはたぶんもっと大変だったのではないかと思います。何がって、女性弁護士だから男性弁護士よりも知識も交渉力も大したことがないのではないかという見方に対することが。

 ただ、たぶん大橋も、また私もそうですが、あまり「女性弁護士」ということを意識したことはありませんでした。相手に合わせて、やるべき仕事をやり遂げるだけというつもりではないかと思います。 相手、というのは紛争ごと、交渉ごとの相手です。裁判だったら裁判官です。また依頼者にあわせてであったりします。

 この場合、たぶん男性、女性に関係なく、多くの弁護士はそうだと思うのですが、威丈高、脅迫的な相手であればあるほど、燃えます。怒ります。でも、それも内心です。表には出しません。しかし、戦うこと、戦って勝つことが好きだし、自分は相手に勝つと信じています。なので挑戦的な相手に対しては余計に気持ちが燃えます。たぶん、きっと。叩きのめしてやる、返り討ちにあわせてやるというくらいの気持ちではないでしょうか。たぶん、きっと。違うかもしれないけど。
  
 先の相談者の「女性弁護士」の位置づけ、分析を聞いて、なるほどと思いました。当たらずとも遠からず。
  
5 
 ただやはり、仕事では、げんなりすることも正直なところ、ないわけではありません。
 共通の言語で会話できないとき。共通の言語(法律解釈、裁判例等)によれば、明らかに先が、結論が見えている。訴訟事項と審判事項の区別もついていない。しかし、相手には見えていない。説明しても理解しようとしない。
 こちらにしてみれば、無駄といえる会話、言葉に固執し続ける。理論の段階を区別できない会話。
 交渉は時のものということが理解できない。
 言葉を交わせば交わすほど、時間の無駄と思うこともないわけではありません。
 闘争心に火がつくというよりも、げんなりします。疲れます。
 そういう意味ではいらつく自分に気が短くなっているのを実感します。

 訴訟になって損するのはそっち、でも仕方ない、その途を選んだのはそっち、と最後は突き放さざるを得ません。
 依頼者のためには、訴訟なんて時間と弁護士費用の無駄が発生するのは明らかなので、何とか避けようとして、こちらが意を尽くして説明しても、それをまた勘違いして強気に出たりする相手方、なんていうのは珍しくない。
 うんざりして、嫌になる。

 けど、でも、だからこそか面白い。「弁護士」だろうがなんだろうが、人間って不合理で、感情的で面白いと思うし、この仕事も面白いと思う。
 皆が皆、感情をひとまず脇において、損得で理路整然と考えることができたら、そもそも裁判所なんていらない。
 粉飾決算なんてしないいい経営者ばかりだったら、公認会計士さん、監査法人の監査制度なんて要らない。粉飾決算されても騙された!などと怒りだしたりしないいい株主さんや投資家、債権者ばかりだったら、公認会計士さんなんて資格、要らない。
 なによりも、弁護士なんて資格、少なくとも民事事件では要らない。
 

 「弁護士」という言葉、文字が意味するのは、単に、過去に司法試験に合格したことがあって、弁護士登録しているというだけのことで、それ以上でも、それ以下でもない。
 これは合格した修習生にむかって、東京のとある弁護士さんが声を大にして言っていた真実です。
 合格後、その後の現在の法律知識、交渉能力、ましてや人格なんて、これはまた全く別の話。
 「美輪明宏」さんと「72歳、男性」の言葉のイメージが全く別物であって、本質を反映していないように。
 「72歳」「55歳」「37歳」もまったく意味がない。
 72歳だから老練かというと当然、そんなこともなく、全く直情型、感情で「仕事」をするかたもいないわけではないわけで。
 かと思えば「30歳」で老獪の域に達していたりと。

 本質は、自分の目で観て、自分で判断しないと、見誤る。
 そんなことをぼんやりと考えた「黒蜥蜴」、鑑賞会でした。

 でもやっぱり美輪さんは「72歳、男性」というのもこれまた客観的事実。
 事実は事実として直視しつつも、受入れつつも、本質を見誤らない努力が必要ということか、この話のオチとしては。
 
 あ、そうそう。秋には、森光子さんのあの「放浪記」も梅田で上演されるようです。観に行ってみようと思います。
 舞台はいいです。人間が動いて、喋って、演技して、音楽がなり、光が瞬く。他人の脳みその中に頭を突っ込み、五感で刺激を受けるような非日常性です。
 日常を考えるためにも、ときどき非日常に出かけるのも大事だわ。

 ところで、冒頭の写真、気づきましたでしょうか。
 「シチューうどん」。「シチュー」という文字をみて口の中に広がる牛乳じみた味と「うどん」という文字をみて口の中に広がるつるっとした歯ごたえ、のどごしにカツオ出汁。
 「72歳、男性」と「シチュー、うどん」。
 ミックスすると、
  
  「シチューうどんを食べる72歳の男性」。

 どのように五感が刺激されるでしょうか。
 その男性が、美輪明宏さんだったという事実もありうるわけで。ますます頭の中が混乱します!
 私の頭の中では駅の立ち食いうどん屋で紫のドレスを来た黄色い髪の美輪さんが器を片手に白いとろっとしたスープの中から伸び出る白いうどんをすすっている姿が浮かびます。

(おわり)
 
 

  
 
 

2008年6月12日 (木)

「財政学」神野直彦教授【松井】

2515092079_492315c79d


 たまたま必要があって、「財政学」の本を読んでいました。神野直彦教授。はじめての財政学だったので、この神野教授の中学生向け財政学、「財政のしくみがわかる本」(岩波ジュニア文庫)を初めに読みました。そして「財政学」(有斐閣)。


 面白い!
 司法試験受験生のとき憲法を勉強した、そのとき財政立憲主義や予算と法律の関係などについて学びました。
 ふーん、という感じだったけど、今回、改めてきちんと「財政学」の本を読んでみて、いろいろと目から鱗が落ちる思いでした。
 例えば、財政の「非排除性」と「非競合性」。
 対価を支払わない者でも、消費から排除されない、新たに消費が加わっても、財の消費からの利益が減少しない。
 市場原理とは全く異なる原理です。もし公共サービスの提供にこの視点が欠けたらどうなるのか。切りつめていくとどういう不都合があるのか。なぜ国や自治体が、プールを作ったり、美術館、博物館を作るのか。
 そういえば年末読んだ「戦争広告代理人」の著者の次の作「大仏破壊」では、アフガニスタン政府の一部の官僚が博物館を再生することに取り組み、これを諸外国に対するアピールとして強調していた姿も描かれていました。博物館と国としてのアピールがなぜ結びつくのか。

 神野教授の「財政のしくみが分かる本」だけでも多くの人に勧めたい本です。
 

 私は大阪府民です。大阪市民です。
 大阪府に、大阪市の財政。無関心ではいられません。
 たまたま、この神野教授が大阪市の市長直轄の財政に関するアドバイザーに就任されていました。
 期待したいと思います。

 
 参考までに「財政学」(有斐閣)の目次を。


 第1編 財政学のパースペクティブ
  第1章 財政学への旅立ち
  第2章 財政と三つのサブシステム

 第2編 財政学のあゆみ
  第3章 財政学の生成
  第4章 財政学の展開
  第5章 現代財政学の諸潮流
  
 第3編 予算
  第6章 財政のコントロール・システムとしての予算
  第7章 予算のプリンシプル
  第8章 予算制度の構造と機能
  第9章 予算過程の論理と実態
  第10章 予算の改革

 第4編 租税
  第11章 租税原則
  第12章 租税の分類と体系
  第13章 人税の仕組みと実態
  第14章 生産物市場税の仕組みと実態
  第15章 要素市場税の仕組みと実態
  第16章 オプションとしての公債と公債原則

 第5編 財政のアウトプットとサブシステム
  第17章 貨幣支出としてのアウトプット
  第18章 公共サービスの供給としてのアウトプット
  第19章 三つのサブシステムと公共支出

 第6編 政府間財政関係
  第20章 地方財政と中央財政
  第21章 地方財政の理論と実際
  第22章 政府としての社会保障基金
  第23章 公企業と財政投融資

 終章 財政の過去から未来へ

 
 タイトルの付け方が、素敵です。
 財政学の3本柱。予算、租税、公債。
 結局、お金をどう使うのか、どう集めるのかということに集約されるようです。

(おわり)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »