2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

flickr


« 絶対なんてないよ、たぶん 【松井】 | トップページ | つ、遂に!【松井】 »

2008年3月 5日 (水)

年度末 【松井】

2309746228_6cf039c288


 いよいよ3月。年度末、ですね。裁判所は4月、裁判官の移動、交代があり、3月末から4月上旬にかけては、裁判の期日が入りにくかったりします。
 そうなると、ああ、4月だなと思ったりしています。



 ただ、今年度は、3月末、年度末ということを別の点からも実感しています。
 ホームページが公開されているので隠しようもないのですが、今年度、大阪弁護士会の会派の一つ、春秋会という会の常任幹事を担当させていただいています。
 ここで庶務と会計を担当させていただいたおかげで、基本は個人業である弁護士業ではなかなか経験できない、組織運営のあり方について学ばさせていただきました。
 組織といっても春秋会は会員500数十名程度です。ただ、皆、弁護士なので個性も様々であり、そのような組織の運営のあり方を庶務として経験させていただいたおかげで、今後の自分の弁護士業務においても得るものがたくさんありました。
 相談者、依頼者、顧問先の方々に、反映、還元していけたらと思います。
 
 ということで、年度末は、会として、総会を開いたり、引継ぎ業務の準備、会計については会計報告の準備などがあり、ちょっと忙しい状態です。あぁ、年度末、もう常任幹事も終わりなのかと実感します。



 ところで。この冬、スキーをしました。
 スキーは働きだしてから始めた趣味です。
 過去、6回ほど行っています。2回目のときに買ったマイ・スキー板もあります。
 しかし。未だにパラレルで滑れません。
 なのになぜスキーに行くのか。

 今回、自分でもしみじみと思ったのは、まさに「肝試し」として私はスキーを楽しんでいるのだということです。
 上級コースでは滑れません。もっぱら初級コースです。それでも、斜度がきついと感じることもあります。
 そんなとき。
 あ、ここで自分は試されている、ここを逃げてはいけない、逃げずに滑り降りてみせるんだと自分を奮い立たせます。
 恐怖との戦い。
 たぶんこれが好きなんだと思います。
 昔、ペパードライバーであるにもかかわらず、福岡で友人に会ったあと、レンタカーで一人、鹿児島を目指しました。九州自動車道をひたすら南下し、確か4時間ほどで鹿児島に着きました。
 その後、さらに挑戦と、フェリーに乗って桜島に行き、一人、海の見える温泉につかり、鹿児島市内を抜けて空港にたどり着くと、そのまま飛行機で大阪に戻りました。
 高ぶった神経を静めようと、大阪でマッサージを受けた後は、夜、一人、映画館で映画を観ました。なんとか「ボーイ」という映画です。イギリス人の「モーリス」で有名になった俳優が出ていた映画です。面白かったです。
 5年前のことです。
 思えば、無茶な一日でしたが、ペパードライバーを自負する自分が単身、高速道路とはいえ九州を縦断したというは無茶な話です。

 ただ、スキーも結局、これと同じ。
 そういえば、石垣島を一人旅し、なんとか島を一人スクーターで走り回ってたり。牛の綱にひっかかりここで死ぬのかと思った瞬間もありました。

 たぶんきっと、孤独、恐怖というものが、本当は好きなんだと思います。
 やったことのないことを恐怖心と戦いながら試してみる。
 自分を試してみる。
 常に新しいこと、したことのないことを試みながら、前に進んでいきたいと思っています。
 泥の中をはいつくばり、恐怖と戦いながら、それでもほふく前進している気分です。
 新しい場所を目指して。
 春だし、業務でも新しいことをしていきたいと思っています。

 それはともかく。早く、なんちゃってパラレルから、真正パラレルに進まないと。前進してないよorz
     
     ↑
 ご存じですか?「orz」。人が倒れ込んで手をついてうなだれている様です。
 視点を変えれば物事って全然違いますよね。楽しい♪

(おわり)

« 絶対なんてないよ、たぶん 【松井】 | トップページ | つ、遂に!【松井】 »

02 松井」カテゴリの記事

08 弁護士業務」カテゴリの記事

10 つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年度末 【松井】:

« 絶対なんてないよ、たぶん 【松井】 | トップページ | つ、遂に!【松井】 »