2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

flickr


« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月21日 (金)

何を売るのか~「無償」のアドバイス~【松井】

2349218694_aef0b8e3b9


 大阪弁護士会主催の「事業承継」に関する研修を受けてきました。
 弁護士3名に公認会計士の方1名の豪華な顔ぶれの講師陣でした。
 2時間ほどだったので、それほど詳しい話もなかったのですが、公認会計士の方の試算表がレジュメに掲載されており、それを見て話を聞いて考えたことを。



 「単純な持株会社設立について」とし、金融機関から3億円借りてなす、スキームについて。

 取引実施後、何年後にオーナーが死亡したか、またその後、株価がどれほど上昇したのかという点で何パターンが分け、それらと「対策せずに、死亡」した場合とを比較表としていました。

 結論としては、「相対的に『何もしなかった方が良かった』という場合もあります。」としています。試算表上、確かにそのとおりです。
 「要は、健全な『事業』の承継を最大目的に、個別具体的に検討し、長期間の費用対効果を見極めた対策、つまりオーダーメイドの対策を策定する必要があります。」としています。


 思い出したのは、平成前後ころ流行ったらしい、金融機関おすすめの「相続税対策」です。
 不動産を担保にした莫大な借入をし、バブル崩壊後、予定が狂って借入金の返済に困窮し、結局、不動産を失ったという話が多くありました。いくつか訴訟となり争われたことから、結果論かもしれませんが、ひどい話だと印象に残った記憶があります。



 今回の公認会計士の試算に基づく結論付けを見て、考えたのは、よかれと思ってアドバイスしてくれる人が、何を売っている人なのかということをよく見極める必要があるだろうということです。
 自身の商品(貸付け等)を売らんがためのアドバイスを見極める必要があるということです。
 無償のアドバイスほど気を付ける必要があるでしょう。「無償」はありえない。ということは、アドバイス以外の事柄にお金を払っているのです。そのアドバイスは本当に貴方の利益を考えてのものといえるのか。
 利害関係を見極める冷徹な判断が必要でしょう。

 洋服を買おうとお店に入り、試着したところ、どう考えても肩のところがピチピチあるいは、貴方には似合わない服を「よくお似合いですよ。このシャツを中に来たら更に栄えますよ。」とアドバイスしてきも、その言葉を誰が信じるだろうか。
 あなたがそこのその服を買うことと何の利害も有しない昔からの親しい友人の言葉であるなら、信用するだろうけど。
 友人と店員の言葉の違いは何だろうか。
 店員は、アドバイスを売っているのではない、服を売っている人だということ、ただそれだけだろう。

(おわり)
2349218176_87530d83da


2008年3月19日 (水)

アンソニー=ミンゲラ監督、死去【松井】

1034631195_f5b375471d_2
1 
 今朝の日経新聞の死亡記事を見て驚く。
 イギリス人の映画監督、アンソニー=ミンゲラ氏が54歳で死去したとのこと。ロンドンの病院で。
 
 特に好きだというわけでもないけど、1996年にアカデミー監督賞を受賞した「イングリッシュ・ペイシェント」の監督であり、当時、映画館で観た映画だった。結構気に入って、原作の小説を買いもしていた。
 そして、たまたま昨夜、自宅の本棚を整理していたとき、その「イングリッシュ・ペイシェント」の本を手にとり、買ったけどまだ読んでいない本の一つだなとパラパラと頁をめくっていたところだった。
 それに、5年ほど前、チュニジアを旅行したとき、岩と砂だけの荒涼とした景色を観たとき、ガイドの人から「ここで、映画『イングリッシュ・ペイシェント』が撮影されたのだ」と聴き、ふーんと思っていた。
 特に好きという印象がある映画ではないはずなのに不思議とひっかかるものがあり、それが今朝のアンソニー=ミンゲラ監督の訃報に接し、驚くことに繋がった。
 54歳。若い。
 新聞の略歴を観て、99年の「リプリー」の監督と脚本をしていたことも知って、これまた驚く。
 「リプリー」もたまたま映画館で観ていた映画であり、これもまたなぜか印象に残っている映画だ。「太陽がいっぱい」のリメイク版。
 才能のある人が若くして亡くなると、私の人生そのものには何の影響もないはずだけど、影響を受けたように残念な思いになる。


 最近では、「アニー=リーボビッツ」というドキュメンタリーの映画を観た。
 去年、新聞を見ていると、おっ!と思わず手を止め、見入り、その1頁をびりびりときりとり、なんとなく保管していた写真があった。
 ルイビトンの広告で、フランス人女優のカトリーヌ=ドヌーブを写した写真。
 その写真を写したのがアニー=リーボビッツだった。同じパターンで、ゴルバチョフのものもあった。さらには最近、キース=リチャーズ版も。
 
 60年代、ローリング・ストーン誌でカメラマンをつとめ、ジョン=レノンが射殺される4時間ほど前に撮った写真でさらに著名となり、バニティフェア誌に移ったあとは妊娠中のデミ=ムーアの写真でこれまたさらに著名となる。
 
 この映画は、妹さんが監督した映画ということだけど、記録映画としては結構、面白かった。60歳を前にして、まだまだ活躍、進化し続けるカメラマン。
 目にうつるものはすべてフレームを考えてしまうという言葉が印象的だった。


 音楽、写真、映画でも、何かを作り出すという人に純粋に憧れる。
 そういう人たちをサポートする仕事をしていけたらと思う。
 
 今夜は、「イギリス人の患者(イングリッシュ・ペイシェント)」を読もう。

(おわり)

1038721712_514c822e29_2


2008年3月18日 (火)

税務訴訟の新たな展開【松井】

2335026341_3930ff40d3


 先日、日本弁護士連合会の研修「租税訴訟の新たな展開」を受講しました。
 講師は、青色発光ダイオードの訴訟や武富士の贈与税訴訟で著名な升永弁護士、東京地裁の税務訴訟担当部の裁判官、さらには税法で著名な三木義一教授、さらには公認会計士資格も有する関根稔弁護士などでした。
 午後1時から午後5時まで、途中休憩を挟みながらも密度の大変濃い研修でした。


 升永弁護士は「租税法律主義の現代的意義」として、今、改めて世界の中の日本を意識し、世界からの投資を受け入れられる基盤として、予測可能性としての租税法律主義の重要性、日本の現状、弁護士の役割について論じられました。
 もっと饒舌な方なのかと勝手に思い込んでいたところ、とつとつとした語り口であり、租税法律主義に対する熱い思いに触れたように思います。
 今まで、この分野で弁護士は戦ってきたのかと。放置され、租税法律主義がないがしろにされてきたのが現状ではないかと。


 これを受けて、東京地裁民事第2部の裁判官の講演はより実務に即したものであったところ、意識しているのはまさに「租税法律主義」だということを明言されていたのが印象的でした。
 租税訴訟特有の問題点などにも触れながら、弁護士に対する苦言を述べられていたのは、やはり訴訟活動に対するものでした。
 「準備書面作成上の留意点」として、「見た目よりも内容勝負、簡にして要を得たものを」とレジュメには記されていました。「見た目にはだまされない、響かない」と述べていました。やはり量より、質。判決書きを書くときもしているとのことでしたが、骨子、ダイジェスト、要約を作ってみることをすすめられていました。
 確かに、これは弁護士向けに講演する裁判官がよく口にすることです。どんな主張もA4 10頁以内で収まるはずだ、分厚いだけの準備書面ほど読むとがっかりする、中身がないことが多いと。
 それに、これも裁判官の口からよく聞く事柄ですが「証拠説明書」が非常に有用であるということです。「立証趣旨」を丁寧に考えて書く。自身でもこの証拠がいったいどういう点で有用かをチェックする意味でも大事だと思います。


  ともかく、最高裁判決の重要性、その分析手法、さらには租税訴訟の意義とそこにおける弁護士の果たすべき役割を考えさせられる、濃い研修でした。
 租税訴訟では、通常、和解はありません。また、いったん提訴すれば最高裁まで覚悟する必要があるといわれています。
 国と戦う弁護士が求められていると思います。
 弁護士はもっと税法を勉強して役割を果たすべきだと述べられていた升永弁護士や日弁連税制委員会の委員長水野武夫弁護士の言葉が印象的でした。

(おわり)

2339737914_5cac98d30c

2008年3月13日 (木)

つ、遂に!【松井】

2317742333_e7f8c0bce2_4
*アルバイトYくん、送別会。2年間、どうもありがとう。がんばってね!皆、応援しています。


つ、遂に!
驚いた!
裁判所の担当書記官の方と電話でやりとりをしていて、「じゃあ、ファイルを添付でメールで送っていただけますか。」との言葉を耳にした!

裁判所のpcは外部とは接続していないはずだった。私の知る限り。安全性を考えてとのこと。
司法修習の97年前後、裁判所でも裁判官に一人一台、確か富士通のノートパソコンが渡され、裁判官室では皆、そのノートを使っていた。
pcはもちろんLAN接続されていたけど、そこからネット検索をするとかはできなかった。外部とはつながらないようになっていた(はず。)。

ところが、今日、冒頭のやりとり。
裁判所のpcも外部とメールでやり取りができるようになったとのこと。

そうだろう、そうだろう。
むちゃくちゃ便利になった。

裁判でも、相手方の代理人弁護士と事実関係の主張の擦り合わせのためなどにエクセルのファイルをメールで交換して、やりとりすることがある。

今回の裁判所とのやりとりは、昭和30年代の相続について、問題となる人の相続分の計算に関しての擦り合わせのやりとりをしていてのこと。
相続事件では、代襲相続、兄弟姉妹への相続などの相続人が多数になりがちな事件、遺留分減債事件などでは、エクセルが必須。

そこで、相続分の確認のため、エクセルのファイルを送ることになった次第。

うーん。感慨深い。



ところで。97年ころ、裁判所では皆が富士通のノートpcが配給されていた中、ご自身のpcをもちこみかたくなにMacのpcを使い続けられていた有名裁判官がいました。

実は。
私も今、このブログをMacで書いています。
乗り換えました。遂に。
MacBook Air。
あの、封筒からノートpcを取り出す宣伝のやつです。

ある新聞コラムで評されていたように、まさに「思想」を感じるマシンです。
今までは、職場のコンパックのデスクトップで、ウィンドウズxpを使っていました。
Macを使ってみると、今まで、まるで使い捨てボールペンを使って書面を作成したのかと思えるような感覚です。
使い捨てボールペンから、高級万年筆に乗り換えたような感じ。

何が違うって、そう、あらゆる点についてこだわり抜いて、作り手の「思想」が表現されたと思えるマシン、
作り手の意気込みを感じます。
相対すると、気持ちが引き締まります。
マシンのこの意気込みに負けないようにと背筋も伸びます。

以前の記事で書いたように、節税ならなんでもやればいいというのではなく、
実態のない養子縁組はポリシーに反するとして断る気概、プロフェッショナルとしての心意気。 
Macのマシンからも、妥協を認めない、易きに流れない、プロフェッショナルとしての志の高さを感じます。
いい影響を受けそう。

データカードもイーモバイルのものを用意しました。
これからはさらに、いつでも、どこでもバリバリ仕事を進めていきます。

(おわり)

2008年3月 5日 (水)

年度末 【松井】

2309746228_6cf039c288


 いよいよ3月。年度末、ですね。裁判所は4月、裁判官の移動、交代があり、3月末から4月上旬にかけては、裁判の期日が入りにくかったりします。
 そうなると、ああ、4月だなと思ったりしています。



 ただ、今年度は、3月末、年度末ということを別の点からも実感しています。
 ホームページが公開されているので隠しようもないのですが、今年度、大阪弁護士会の会派の一つ、春秋会という会の常任幹事を担当させていただいています。
 ここで庶務と会計を担当させていただいたおかげで、基本は個人業である弁護士業ではなかなか経験できない、組織運営のあり方について学ばさせていただきました。
 組織といっても春秋会は会員500数十名程度です。ただ、皆、弁護士なので個性も様々であり、そのような組織の運営のあり方を庶務として経験させていただいたおかげで、今後の自分の弁護士業務においても得るものがたくさんありました。
 相談者、依頼者、顧問先の方々に、反映、還元していけたらと思います。
 
 ということで、年度末は、会として、総会を開いたり、引継ぎ業務の準備、会計については会計報告の準備などがあり、ちょっと忙しい状態です。あぁ、年度末、もう常任幹事も終わりなのかと実感します。



 ところで。この冬、スキーをしました。
 スキーは働きだしてから始めた趣味です。
 過去、6回ほど行っています。2回目のときに買ったマイ・スキー板もあります。
 しかし。未だにパラレルで滑れません。
 なのになぜスキーに行くのか。

 今回、自分でもしみじみと思ったのは、まさに「肝試し」として私はスキーを楽しんでいるのだということです。
 上級コースでは滑れません。もっぱら初級コースです。それでも、斜度がきついと感じることもあります。
 そんなとき。
 あ、ここで自分は試されている、ここを逃げてはいけない、逃げずに滑り降りてみせるんだと自分を奮い立たせます。
 恐怖との戦い。
 たぶんこれが好きなんだと思います。
 昔、ペパードライバーであるにもかかわらず、福岡で友人に会ったあと、レンタカーで一人、鹿児島を目指しました。九州自動車道をひたすら南下し、確か4時間ほどで鹿児島に着きました。
 その後、さらに挑戦と、フェリーに乗って桜島に行き、一人、海の見える温泉につかり、鹿児島市内を抜けて空港にたどり着くと、そのまま飛行機で大阪に戻りました。
 高ぶった神経を静めようと、大阪でマッサージを受けた後は、夜、一人、映画館で映画を観ました。なんとか「ボーイ」という映画です。イギリス人の「モーリス」で有名になった俳優が出ていた映画です。面白かったです。
 5年前のことです。
 思えば、無茶な一日でしたが、ペパードライバーを自負する自分が単身、高速道路とはいえ九州を縦断したというは無茶な話です。

 ただ、スキーも結局、これと同じ。
 そういえば、石垣島を一人旅し、なんとか島を一人スクーターで走り回ってたり。牛の綱にひっかかりここで死ぬのかと思った瞬間もありました。

 たぶんきっと、孤独、恐怖というものが、本当は好きなんだと思います。
 やったことのないことを恐怖心と戦いながら試してみる。
 自分を試してみる。
 常に新しいこと、したことのないことを試みながら、前に進んでいきたいと思っています。
 泥の中をはいつくばり、恐怖と戦いながら、それでもほふく前進している気分です。
 新しい場所を目指して。
 春だし、業務でも新しいことをしていきたいと思っています。

 それはともかく。早く、なんちゃってパラレルから、真正パラレルに進まないと。前進してないよorz
     
     ↑
 ご存じですか?「orz」。人が倒れ込んで手をついてうなだれている様です。
 視点を変えれば物事って全然違いますよね。楽しい♪

(おわり)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »