2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

flickr


« 現場一番【松井】 | トップページ | 監査基準委員会報告【松井】 »

2008年1月 9日 (水)

体調管理、第一【松井】

R0010136
↑ 執務室の窓からの景色。はっと気づくと、暗いことが・・・。


 弁護士の仕事は体力勝負、と言う点はおそらく多くの弁護士において否定されないところかと思います。
 確かに、頭脳作業がメインですが、考える力を最大限発揮させようと思ったら、体調がよくないといけません。体調が悪いと思うように頭も動きません。
 また実際、大橋の新年ブログではありませんが、時間に追われながら働いている面もあり、はっと気づいたら窓の外も暗くなっていて、そういえば昼ご飯を食べるのもすっかり忘れていたという日もあります。
 ある意味、力仕事であり、ブルドーザーで地均しをするような感じで体力勝負のところがあります。


 にもかかわらず。
 私は毎年、冬の季節、風邪を引いてしまいます。鼻風邪で、熱が出るわけではないので十分働けるのですが、呼吸がしづらく、また声もおかしいという状態なので、健康管理が不十分と恥ずかしいような思いがします。

 司法修習中に一度見た限りですが、尋問期日の当日、担当弁護士がマスクをして現れ、尋問というのに声が出ないという場面を目撃したことがあります。
 さながら、歌手がコンサート当日、風邪のために声が出ないのにコンサートを敢行しないといけないというに等しい失態ではないかと修習生ながら驚いたことがあります。
 さすがに尋問当日、体調不良ということはまだ幸いないのですが、明日は我が身と冬は怖いです。


 昔は、週に1度、水泳1500メートルに合気道の稽古90分というのが週の運動メニューだったのですが、今は、合気道は足が遠のき、週に1回1500メートルの水泳と週に1度のヨガ教室に足を運んでいます。

 ヨガは全く緩慢な動きなのですが終わったとき、生まれ変わったように心身ともにリフレッシュされます。
 水泳も、黙々と45分ほどで1500メートルを泳ぐのですが、軽い瞑想状態になっているのではないかと思われ、終わった後は気持ちがスッキリします。

 30代、心も体も危うくなっていく年代です。バランスを崩さないように出来る努力を積み重ねています。


 去年からは、さらに朝起きたときには、ヨガの太陽礼拝のポーズをとり、森光子や黒柳徹子のようにスクワットに励み、流行のスロートレーニングで10分ほど筋トレをしています。風呂上がりには軽いマッサージやストレッチ運動。

 これだけ運動しているのに、やはり冬には風邪をひいてしまいます。情けない。
 ここ数日、ヴェポラップを塗って寝ています。
 
(おわり)

« 現場一番【松井】 | トップページ | 監査基準委員会報告【松井】 »

02 松井」カテゴリの記事

08 弁護士業務」カテゴリの記事

10 つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体調管理、第一【松井】:

« 現場一番【松井】 | トップページ | 監査基準委員会報告【松井】 »