2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

flickr


« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月27日 (金)

専門家の仕事~心意気~【松井】

Cimg2232

 ロースクールに入学し、弁護士になることを目指すという若い方々とお話する機会がありました。お二人とも、単に弁護士になりたいというのではなく、弁護士になってこういうことがしたいという明確な目標をお持ちのしっかりとした方々でした。
 いろいろと質問を受けしましたが、こういうこともたまにはいいなと思います。自分で自分に問いかけるよい機会になるからです。

2 
 お二人とお会いした後、依頼者の企業経営者の方とお会いしました。メープルシロップなどのカナダ製品を輸入販売する仕事をされています。
*写真は、頂いたメープルゼリージャム。自然な甘さで美味でした。

 午前中お会いした若者の一人は、企業側で労働問題をやっていきたい、自身が会社勤務したときの経験に基づき、企業に法令遵守をアドバイスし、企業を、社会を変えていきたいという志を語っておられました。

 私自身も、企業を経営されている方を応援したいという思いを持っています。「企業」というか、もっとベタな表現をすれば、商売する人を応援したい、その役に立ちたいという思いです。
 役に立ちたいということは、言いなりになるとか、使われるということを意味するわけではもちろんありません。残念ながらそういう方もこの世間にはいらっしゃいますので、そういう場合はお断りしています。独立した弁護士として、相談者の方の商売がよりうまくいくように法的なアドバイスをして、役に立てたらという思いです。

 困難な状況に陥ってしまったとき、アドバイスしあるいは代理人活動するなどして苦境を乗りきり、その事業が軌道に乗ったときの喜びは、自分の商売が成功したような喜びを感じます。商売の基本は、お客様の喜ぶ顔を見ることにあると思います。
 これは弁護士の仕事も同じです。
 もちろん商売人の方でなくても、個人の依頼者の方であっても、苦境や困難な状況に直面しながらも、まわりのサポートを受けて自ら道をきりひらいていこうと努力されている方がいたら、その人が助力を求めてきたら、その人のチカラになりたいとの思いで仕事をしています。
 

 今日、若者から、「弁護士の仕事をしていてどういうときが一番よかったなと思いますか。」と質問されました。
 依頼を受けた仕事が終わり、依頼者の方と笑顔で別れるとき、そのとき、この仕事をしていて良かったなと思います。ほんと、ベタですけど。
 多分、仕事は皆、そうだと思います。人の役に立っているという実感が、自分が存在する、自分が生きる喜びに結びつくのだと思います。


 と、話がここで終われば今回は美しい話で終わるのですが、また一方でこういう質問も受けました。「依頼者、相談者が不法なことをしているとき弁護士として何が出来ますか。」
 答えは、「辞任する」です。相談者、依頼者の方に、それは違法である、責任を問われる可能性が高いといったリスクを説明します。あるいは違法とまではいえなくても、そういったことは弁護士倫理に反し、このままでは対外的に弁護士代理人としては活動できない旨を伝えます。行動の是正を求めます。
 しかし、最後は、経営者あるいは個人の方の判断です。それが、弁護士はあくまで代理人であって本人ではないということです。
 最後、自分のこと、会社のことをどうするかは、ご本人、経営者が判断・決定します。
 そしてそのとき、弁護士として辞任します。きっぱりと関係を絶ちます。
 「じゃあ、残された従業員たちはどうなるのですか。」という質問を受けました。残念ながらそこが弁護士の限界だと思うと答えざるを得ませんでした。当事者ではないから。
 同じような話を監査法人に勤められていた公認会計士の方から聞きました。社長に泣きつかれても、会計士として適正だとの書面にハンコは押せない。しかし、監査法人としてはハンコを押すことを求められた。どうしたのか。監査法人を辞めた、ということでした。

 専門家としてのこういう心構えが「倫理」というのだと思います。そこで辞められない場合、不正に荷担した者として粉飾決算の責任を負ってしまう。何を潔しとするかの問題かと。
 以前、依頼者の経営者からは、それは違法行為にあたる、どういうことになるのかというリスクを説明し、止めようとしたところ、「誰の味方なのか?!」、「弁護士が依頼者を脅すのか!?」と言われ、怒鳴りあいになったことがありました。結局、辞任しました。
 確かに弁護士は依頼者の利益のために活動しますが、それは「正当な利益」のためです。「不正な利益」のために動くのは、専門家責任を放棄したに等しいものです。こういった自負がなくなったとき、悪徳弁護士と呼ばれ、最終的には資格を失うこととなるのでしょう、きっと。
 大阪地方検察庁特捜部に所属して弁護士になった田中森一氏の本が面白いらしい。読まねば。
(おわり)
 

2007年7月19日 (木)

筆跡鑑定というものについて~これが裁判~【松井】

1 
 先日、相続問題が発展したかたちでの所有権確認訴訟の判決をもらいました。
 とある不動産が被相続人名義のままであったために、その不動産の本当の所有者は誰か、その不動産は遺産なのかどうかという争いです。

 判決結果は、こちらの全面勝訴ではあったのですが、相手方からは、こちらが提出した証拠書類に関して、「筆跡鑑定書」というものが証拠提出されていました。それも提出時期は尋問終了後の最終期日直前という噴飯ものの時機でした。。

 時機に後れた防御方法ということで証拠不採用を求めたのですが、裁判所はあっさりと採用しました。
 ただ、代理人弁護士としては、裁判所がこちらに反論の機会を与えずにあっさりと証拠採用した時点で、この筆跡鑑定書を大した証拠とは捉えていないことが十分推測されました。
 ただ、こういった裁判所の動きをどう読むのかという点については、依頼者の方に説明してもなかなか理解を得られないことがあります。このときも、裁判所はなぜ今頃出された「鑑定書」を証拠として採用するのか、重視しているからじゃないのか、先生はなぜもっと反論しないのかと言われたりしていました。説明をさせていただくと、納得していただけましたが。

2 
 判決書の理由では、一応、この「筆跡鑑定書」なるものについて触れられていました。 つい最近においても、裁判所における「筆跡鑑定」なるものの捉え方はこういうものだという参考までに記しておきます。判決書ではわざわざ括弧書きにより記されていました。

 

「(なお、一般に筆跡の鑑定は、十分な科学的検証を経ていないという性質上、その証明力には限界があるというべきであるから、その結果のみに基づいて事実を認定するのは相当でない。そして、本件証拠関係によれば、原告らが亡●●から本件各土地を買い受けたとの事実を認めることができることは、既に認定説示したとおりである。)」

 つまり、「筆跡鑑定書」なるものの結論を裁判所が鵜呑みにすることはまずありませんよ、ということです。「本件証拠関係によれば」とあるように、周辺事情、他の証拠等によって総合的に事実を認定しています。


 これが裁判所における筆跡鑑定書の位置づけです。
 筆跡鑑定書だけでことの白黒がつくなんてことはまずありません。
 偽造か否かといったことが問題となった場合、大事なのは、作成時期やその当時の作成者と関係者との人間関係、作成動機の可能性といった事柄になります。
 また、裁判においては裁判所の動きをどう読むのか、といったことも訴訟遂行上、非常に重要な意味を持ちます。裁判官の心証を推測して見合った活動をしないと代理人の訴訟活動は単なる自己満足で終わります。結果に結びつく活動をしないと無意味です。

 これは、以前、刑事事件で失敗した経験からの実感です。執行猶予がつくか付かないか、非常に微妙な事案でした。結審したのは夏前でした。法廷で裁判官は裁判所が夏期休廷に入る前に判決言い渡しをする旨を宣言しました。しかしその後、裁判所から電話があり、一夏考えたいので判決言い渡し期日を延期したいという申し入れがありました。拒みました。依頼者であった若者が非常に不安定な心理状態に陥っており、一日も早い判決を望んでいたからです。結果は、実刑判決でした。裁判所を急かしてもいいことは何もないと実感出来ました。

 このときの出来事からの教訓です。訴訟進行は裁判所の動きを読み、これに合わせよう、というのは。
 上記のケースでも、間違いなく時機に後れた証拠書類の提出だったのですが、裁判所が、証拠採用したことに対して強く異議を申し立てませんでした。そのとき、法廷にいた依頼者からは、なぜもっと反対しないのかと思われていたことでしょう。しかしその後、裁判所の動きをどう読むかということを説明し、理解を得ました。
 結果は、予想どおり、採用した鑑定書について裁判所は信用性を認めはしなかったのです。

 ただ、こういったことも裁判所に対する信頼があるからこそなのかと思います。そもそも裁判所に対する信頼、適切な訴訟指揮活動を行うはずだ、反論の機会等を公平に確保するはずだという思いがなければ、時機におくれた証拠の採用に対しても許せない!と思ったことだろうと思います。
 裁判所を信頼することはおめでたいことなのか。
 裁判・裁判所なんて、国民からの信頼だけで成り立っている制度です。
 勝ったからというものありますが、今回の判決書は、見事に信頼に答えてくれました。
 交渉の成功、紛争の解決も嬉しい瞬間ですが、理不尽な反論をする相手方に対する訴訟で全面勝訴判決を得たときの感情は、嬉しい瞬間でもあるのですが、むしろ裁判・裁判所に対する信頼が確保されたという安堵感の方が大きいのが正直なところです。肩の荷が下りたような感じです。 
 ただ、一審判決は決して終局的な解決ではありません。この事件も相手方から控訴されました。
 控訴審が始まります。控訴審で判決がひっくりかえる可能性は統計的には約25%くらいだそうです。気をひきしめねば。

(おわり)

2007年7月13日 (金)

金融商品取引法、「内部統制の理論と実践」~八田進二教授の講演~【松井】


 大阪弁護士会であった八田進二教授による研修に参加しました。
 「内部統制の理論と実践 ~試行期間における課題~」と題する講演です。
 約2時間、最先端に身を置かれている教授の、現状を憂える生の声を聴いた講演でした。


 JーSOX法なんて存在しない、日本版SOX法なんて存在しない。そもそもアメリカのSOX法とはコンセプトが違うということを力説しておりました。
 巷にあふれているこの手の本の半分近くは、間違っている、理解していないといったことも口にされていました。
 つい先日も、日本の大監査法人の代表の講演を聴き、理解していないと驚き呆れ、手を挙げて発言し、怒ったことがあるという、つい1週間前のエピソードまで披露してくれました。彼らはアメリカの会計法人のマニュアルを翻訳したものを用意して使っているだけではないかとなかなか辛辣でした。


 印象に残っている点としては、内部統制とは、一大ビジネスチャンスのようになっているが、これをしなければいけないなんてものではないということを強調していたことです。統制の制度はあくまで各社個別のものであって、「One dose NOT fit all」ではないということです。
 このソフトを使わないと監査できないなどというのはもってのほかだといった言い方をされていました。

 また経営はあくまで経営者に最終的な責任があるんだ、経営者が前面に登場しなければならない、監査人が最終責任を負うといったことはおかしいといったことも力説していました。ついでに言うと、日本の会計基準は国際会計基準に匹敵する、特に金融商品に関する基準は超えているといった発言も。
 また今回の内部統制についてはあくまで「会計まわり」の事柄であるのに、会計をわかっていないものが多すぎると嘆いていました。
 
 とにかく、吠えられた、熱い2時間でした。
 細かい勉強は自分で出来る。大事なのは幹の部分を間違えないこと、それを久しぶりに考えた2時間でした。
 各論は、平成19年2月15日の企業会計審議会からの意見書と、参考資料で配られた金融ファクシミリ新聞4月16日から掲載された金融庁の池田唯一さんの記事を読めば分かるということなのでしょう。
 
(おわり)

2007年7月 5日 (木)

Listen Without Prejudice【松井】


 ジョージ=マイケルという歌手がいて、80年代はじめのデビュー当時はワム!という二人組としてアイドル的な人気を誇っていました。
 その後、ソロとなり活動を続け、出した2枚目だったかのアルバムのタイトルが、「Listen Without Prejudice」でした。
 


 先日、大阪弁護士協同組合主催のコーチング研修というものに出席しました。
 講師は、財団法人生涯学習開発財団認定プロフェッショナル・コーチ中原朗裕さん。2時間ほどの駆け足の研修でしたが、エクササイズなるものもあり、思っていたより楽しめました。
 研修の中で、「出典:コーチ21「コーチングブック」として次のようなA4用紙が一枚、配られました。

 

「よい聞き手になるための10のポイント」

 「① 会話の時間をゆっくりとる
  ② 相手の意見や考え方を尊重する
  ③ 話しやすい環境をつくる
  ④ 相手の話をさえぎらず、最後まで聞く
  ⑤ 自分の判断を加えない
  ⑥ 自分が理解しているか、ときどき確認する
  ⑦ 感情、考え、先入観を持たず、客観的な姿勢をとる
  ⑧ ノンバーバル・コミュニケーション(表情やしぐさなどの言葉以外のものによるコミュニケーション)で、
    ’聞いていること’を伝える
  ⑨ 沈黙を大切にする
  ⑩ 一生懸命聞こうとする 」


 まず相手が何を言おうとしているのかを「真剣に聴く」、これがコミュニケーションの第一歩だと。
 またつい最近、久しぶりに名著「7つの習慣」を読み返しました。
 
 1枚の絵。同じ絵を見ていても、その絵の中に、一人は若い女性を見つけ、もう一人は老婆を見つける。「若い女だ」「老婆だ」と言い合っているだけではコミュニケーションは生まれない、しゃべればしゃべるほど断絶が深まるだけ。
 そんなとき相手の声に真剣に耳を傾け、真剣に聴く。そうすれば新たな関係が生まれ、はぐくまれる。そういったことが記されていました。
 相手を変えようとするのではなく、まずは自分が変わってみる。イチローやヤンキースの松井も同じようなことを言っていたように思います。自分がコントロール出来ることに集中する。コントロール出来ないこと(=他人)について思い悩んだり、苛立ったりしない。



 「コーチング研修」(研修というほどのものでもなかったですが)での話を聴いていて、頭に浮かんだのはジョージ=マイケルの言葉「Listen Without Prejudice」でした。
 元アイドルであった当時のマイケルの心の叫びだったのだと思います。
 
 「真剣に聴く」ということは本当に難しい。だけど、とても大切なこと。自分以外の他人とコミュニケートし、信頼関係を築くためには。
 交渉能力、紛争解決能力のある代理人・交渉人は相手の言葉によく耳を傾け、和解の上手な裁判官も当事者の言葉によく耳を傾けています。確かに。
 ただ、まぁ逆に言えば、断絶をかえりみないときは、「聴かない」ということなんでしょうし、交渉力もなければ紛争解決能力もないということに。でもそれでは断絶以外何も生まれない。

 他人と信頼関係を築き、同じ一枚の絵を見ていても自分を変えて相手の言い分によく耳を傾ければ、「若い女」と思っていた絵から「老婆」が見えてくる。そこで自分の中に新たな視点を築くことができ、信頼関係が出来て、関係は前に進む。
 コーチングのテクニックも、同じことを言っていたのだと思います。
 
 「Listen Without Prejudice」 真摯に聴くことから始めよう。

 ~半人前の人間は相手の話も聞かずに声高に自分の主張を繰り返すが、すぐれた交渉者は、まず相手の言い分をじっくり聞くものだ。~ 
(黒木亮「トップ・レフト 都銀vs.米国投資銀行」)

それはそうだ。

(おわり)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »