2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

flickr


« くまのぷーさんとナカタ~情報と権利のコントロール~【松井】 | トップページ | 「ハリウッド」~資金調達と回収、利益獲得~【松井】 »

2006年8月19日 (土)

マンション管理~新たな流れがやってくる。行動こそ全て~【松井】

1 
 今朝の日経新聞で、「マンション管理 プロ結集」「有資格者 千葉に新会社」という記事が載っていました。マンション管理士資格を有する人たちだけで作った株式会社です。
 やはりまだこういう管理会社はなかったのかという思いと、ようやくというか遂に第1号が登場したのかという思いでした。


 マンション管理士の資格をもって、独立系として管理士の団体を作って活躍されている方と以前、お話する機会がありました。
 その方と出会う前までは、私の中での「マンション管理士」のイメージは、既存のマンション管理会社に勤務する従業員の人がとる資格といったものでした。
 自身の会社の業務に専門性を持たせるというイメージ、敢えていうなら不動産仲介業者の宅地建物取扱主任者の資格と同じイメージでした。

3 
 しかし、知り合った管理士の方は違いました。管理会社の中にいては、本当に住人のために活動するということが実質的には困難ではないか。つまり、管理会社のもうけという目的とどうしても矛盾することがでてくるのではないかという疑問を出発点にして、独立系としてマンション管理士として生計が立てられるようになるべきではないかという観点を話しておられました。
 具体的には、マンション住人は、実際には自主管理なんてまず無理なので、管理会社に業務委託をする、この際、住人の立場にたって適切な管理が行われているか住人からの依頼を受けてマンション管理会社を監督するという構図です。


 なるほどと思ったのですが、正直なところ、ビジネスとしてはおそらく成り立つことはないだろうと思いました。理由は簡単、管理会社に管理料というお金を払っているのに、わざわざ別個にマンション管理士に監督を依頼する費用を払うほど、住人の財布のひもは緩くはないということです。


 そこで当時、私なりに考えたのが、ゼネコン系のマンション管理会社が多数を占めるなか、独立系のマンション管理会社もあるにはありますが、そこで独自性を持たせ、かつ信用、信頼を付加すべく、「マンション管理士によるマンション管理会社」があれば、ここにマンション管理を依頼してくるマンション管理組合はあるのではないかということでした。会社の名前も考えました。「マンション管理士によるマンション管理株式会社」。そのまんまです。

 早速、嬉々としてこの考えをそのマンション管理士さんに伝えました。が、しかし、残念ながら、あまりピンと来なかったようで流されてしまいました。


 ところが、ついに!千葉県船橋市で「日本マンション管理」という株式会社が設立されたようです。出資者11人の全員が、マンション管理士資格をもち、一級建築士や司法書士、さらには弁護士もその中に入っているようです。
 
 

「当面は千葉県内を中心に管理組合からマンション管理業務の受注活動を展開。マンション管理士を派遣するコンサルタント業務も手がける。将来は全国のマンション管理士と連携し、全国展開したい考え。コンサルタントとしての立場を生かし、管理組合の視点に立った管理業務を目指す。」

 ということです。

 何事も、まずはアイデア、そしてアイデアはあっても行動がなければ全てはゼロ。
 何となく、先を越された悔しさ感はぬぐえません。ちっ。


 ところで、この前本屋さんで面白い本を見つけました。「ハンコで5億稼ぐ道」という本です(講談社)。副題は、「元フリーターがネットビジネスで成功を収めるまでの450日の軌跡」というものです。
 過去、ブログでも書いていますが、私の実家は「ハンコ屋」さんです。駅前のアーケード商店街の中、ハンコ屋の娘として育ちました。

 以前、店舗を出店するショッピングセンターで、ちょっと店番をすることがありました。そのとき、ベビーカーを押した若い夫婦が、「名前だけの銀行印」を作りたいんだけどと言ってきました。作るのは女性の方のものですかと訊くと、いえ、男の名前です、と言うので、あれと思いつつ、ピンと来ました。ベビーカーの中で眠る男の子の初めての銀行印を作ろうとしていたのです。と、そこへ店の者がかえってきたので、私は接客は引き継ぎ後ろへ引き下がりました。

 ここで思ったのは、子連れが多いショッピングセンター内の地味な店構えのハンコ屋さんに、ぱっと華やかな赤ちゃんの笑顔のポスターを貼って、「初めての銀行印は水牛で」などのコピーを添えて、赤ちゃん商品として子どものために高級な初めての印鑑を送ろうといったセールスを展開すればいいのにということでした。

 確か、靴屋で、「マイ・ファースト・シューズ」とか何とかいうセールス・コピーがあったかと思います。それにならって、「ハンコ」もそういった商品としてイメージを売ればいいのです。
 たいていの親、爺ちゃん婆ちゃんは、子どものためにお金を残そうと預貯金を始めます。そのときの最初の銀行印ということで、「記念品」としての性質をアピールすればいいのでは!?とこれまた自分のアイデアに嬉々としていました。
 早速、親に伝えましたが、これもまた反応いまいちで終わってしまいました。

 そんなところへ「ハンコで5億稼ぐ道」。
 さらには今日の「マンション管理 プロ結集」。

 アイデアなきところに進歩なし、行動なきところに発展なしといったところでしょうか。
 アイデアを試す実行力のない、行動力に欠ける自分に反省。プレゼンが悪いのでしょうか。いずれにしても反省。
 って、私の仕事はいったい何なのか?いつもこんな感じでとりとめもないことを考えています。弁護士業務とは関係ないけど、考えたアイデアを実行して試してみたい・・・。トライ&エラーだよ、人生は♪試して、失敗して、やり直しての繰り返しで、それが楽しいのではなかろうか。
(おわり)

« くまのぷーさんとナカタ~情報と権利のコントロール~【松井】 | トップページ | 「ハリウッド」~資金調達と回収、利益獲得~【松井】 »

分譲マンション」カテゴリの記事

松井」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« くまのぷーさんとナカタ~情報と権利のコントロール~【松井】 | トップページ | 「ハリウッド」~資金調達と回収、利益獲得~【松井】 »