2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

flickr


« 遺産分割事件 ~どこでもめるかで5年、10年~【松井】 | トップページ | くまのぷーさんとナカタ~情報と権利のコントロール~【松井】 »

2006年8月 1日 (火)

「責任の追及」ということの意味【松井】

☆追記あり

 状況をみて、次にどうなるのか、そしてそれに対してどのように対応するのがよいのかを考えて、行動する。
 自分で考え、自分で判断し、自分で行動する力。
 これが欠けていたのだろうか、プール監視のバイトの人、その責任者には。
 7歳の女の子が、埼玉県内の市営の流水プールの吸水口に吸い込まれて溺死する事故があった。

 監視員は事故の20分前には吸水口の柵がはずれていたことを知り、プールで泳ぐ客に注意を呼びかけていたという。監視員の声と、吸水口の柵がはずれた流水プールで泳ぎ続ける人々。そして吸い込まれる女の子。
 
 柵が壊れたままの流水プールで人が泳いでいたら、注意の声も届かず、流れの中で思うように体を動かせず、吸水口に吸い込まれる人間、子どもがいることをどうして予測できなかったのだろうか。

 「危ない」と予測していたからこそ、注意を促していたのだろう。だとすれば、なぜ、吸水ポンプを止める、遊泳を止めるという適切な対応、行動を選択できなかったのだろうか。
 この「適切」さは何も難しい発想ではないはずだ。


 世の中には、自分がこういう行動をとったら次にどうなるのか、まわりがどのように動くのかといった予測する力、想像力に欠けたまま行動する人間が数多くいる。
 そして、自ら、事態をますます悪化させてしまう。
 結局、それは自分に跳ね返る。そんなことも想像できずに間違った行動をとる。そして、取り返しのつかない悲劇を引き起こしてしまう。


 このような人物から身を守るにはどうしたらよいのか。
 自己防衛能力を高めるのがもっとも確実な方法の一つであろう。

 小学生のころ、駅などで頭上の看板の下には絶対に立たないという同級生がいた。地震が起きたとき、看板が落ちて来るのか怖いからという理由だった。
 飛行機事故に遭いたくないなら、飛行機に乗らないのが一番であろう。

 困った状況に関わらないようにするには、その原因となるものとの接触を回避、極力減らすのが一番効果的であろう。

 じゃあ、プール事故に遭いたくなかったら、公営プールには行かなければいいのか。


 違うだろう。
 
 プールに、こんな判断力に欠けた人物がいるとはまさかと予測はできない。危険を回避しようにも、危険であるか否かの判断材料がない。
 予測能力、判断能力に欠けた監視員の存在。
 この存在を無くすように監督する責任がプールの設置・運営者である市にはあった。個人の責任の追及のみならず、プールの設置・運営の責任者の監督責任の全うを求めるのが一つの適切な方法である。
 そしてその監督責任に対する信頼は、守らなければならない。安全に対する信頼が守られない社会では人は家から一歩も出られない。

 今回のプール事故の場合は市の責任、監督責任等が問われるだろう。


 では、困った人物・個人に出くわしてしまった場合、それぞれの困った行動の監督責任はどのように問えばよいのか。自分の監督は自分しかない。その責任を問えるのはその人物でしかない。
 
 だから人は、他人に対して、その個人としての責任の追及を行うのである。
 自己防衛の一つのあり方として、他人の責任の追及を行う。

 虚偽告訴等の罪というものがある。
 これは防衛手段の一つである。違法に告訴、告発をなされてしまった場合、告訴、告発したことそれ自体を犯罪行為とするのである。
 違法に告訴・告発を行った者による次なる違法行為から身を守るための手段である。虚偽告訴等をそそのかした者も「正犯の刑を科する」とされ、同類である。

 「責任追及」を行うことが新たな被害を生み出すことを防ぐことにつながる。
 今回のプール事故についても問われるべき責任が追及されなければならない。


 「防衛」、被害の回避・防止は、何も問題状況を回避することだけが適切な方策ではない。「問題状況」に対して、関わること、その責任を追及することが、防衛に繋がることもあるのである。

 市との訴訟となった場合、遺族の方は非常にエネルギーを要し、辛い立場となるだろうけれども、亡くなった女の子に代わって、追及すべき責任を追及して欲しいと思う。この追及は、遺族の方にしか出来ないことだから。

(おわり)

追記(8月2日)
死因は溺死ではなく、吸い込まれる際の頭部打撲によるもののようです。
また現場の監視員は高校生のアルバイトだったようです。
さらに、蓋がはずれていることが分かってから事故発生までの時間は10分程度だったようです。

« 遺産分割事件 ~どこでもめるかで5年、10年~【松井】 | トップページ | くまのぷーさんとナカタ~情報と権利のコントロール~【松井】 »

記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「責任の追及」ということの意味【松井】:

« 遺産分割事件 ~どこでもめるかで5年、10年~【松井】 | トップページ | くまのぷーさんとナカタ~情報と権利のコントロール~【松井】 »