2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

flickr


« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月29日 (日)

Service from the Heart【松井】

kyoufu-no-oresenn
 所属する大阪弁護士会にはいろいろな委員会というものがあります。私は、弁護士1年目から消費者保護委員会というものに所属しています。
 弁護士1年目の年、モニター商法の先駆けであった「ダンシング」という布団屋が倒産しました。これは、月々のクレジットの支払い額を超えるモニター料が支払われるからと知人などから懇請を受け、40万円!という布団購入のためクレジット契約を結んだけど、ダンシングが潰れたため、残るはクレジット会社への負債だけになったというものです。
 ダンシングのモニター商法は破産必至の商法でした。会社はクレジット会社からの一括立替金を手に入れるだけ手に入れて、潰れました。
 残された被害者のため、クレジット会社に対峙すべく、消費者委員会に所属する弁護士が中心となって弁護団が結成されました。私もこのダンシング被害弁護団の一員でした

 会社が潰れてクレジットの負債だけが残るという同じような状況は、確か翌年おこったエステ・デ・ミロードというエステ会社の破産の際も多数の顧客が同じ状況におかれ、大阪弁護士会で被害者説明会が開かれ、消費者委員会の一員として出席しました。このときは、クレジット会社には「抗弁の接続」というもので支払いをストップして対抗できますよというアドバイスが主でした。その後、エステ業界の信用維持のため、他の会社が特別にサービス提供を引き続いて行うということになりました。

 先日、我ながら何を思ったのか、百貨店内にある美容エステ店から「1月限定トリートメント」通常の半額!というダイレクトメールを見て、気分転換に一度、行ってみようと初めて顔のエステとやらを受けてみました。

 最初、黒幕で覆ったボックスの中の鏡を見るように言われ、のぞき込んでみると、青い光を浴びて、顔面一面、黒いシミが広がり、鼻筋にはポツポツと白く光る点々が並んでいました。
 これは顔の肌の奥を見る機械だそうで、黒いシミは放っておくとやがて顔の表面にそのまま浮き出てくるということでした。白い光は皮脂が詰まっているところだということでした。
 ふーん、と思って、いざ施術室へ。

 ベッドに横たわり、マッサージが始まると、エステシャンの20代の若い女の子は、こうい言いました。
「先ほど、皮脂が詰まっているは見ましたよね。今日のトリートメントには皮脂の除去は含まれていないんです。でもこれを除去しないと、今日のクリームなどが肌の奥に届かないんですね。皮脂を除去するには2500円追加になるんですけど、皮脂を除去されますか。」

 横たわる前に言うべきでしょ!黒い箱をのぞき込んだときに言うべきことを、横たわり、すっかりその気になっている状況で追加費用がかかるサービスを提案する、この三流セールスぶり。呆れてしまいました。ここで気が弱い人は、ついつい、
「あ、じゃあ、皮脂の除去もお願いします。」と言ってしまうんでしょう。

「今日は要りません」とすかさず言いました。

 その後約1時間、エステシャンはとりとめもない話を話しかけてくるので、適当に話を合わ、施術は終了しました。

 着替えて、支払いを終えてさっさと帰ろうとすると、支払いの前に肌の説明をするというので、何を話すのかと聞いてみることにし、テーブルに着きました。

 彼女は白い紙を前にして、肌の正常な活動パターンとトラブルを抱えたパターンといことで図を描き始めました。
 結論としては、皮脂など詰まった老廃物を除去し、毛細血管を活性化させるのがきれいなお肌を得るには必要ということでした。

 そして、私の肌の現状は、今日はイオン導入、マッサージ、クリーム等の手入れを受けているので活性化しているが、皮脂除去が出来ていない、活性化は単発では意味がない、肌はこのままでは右肩下がりだという折れ線グラフを描いての説明になりはじめました。

 これがクレジットの多重債務を抱える人がよく言う「断れなかった」「無理に勧められた」「脅された」という、強迫セールストークかと、呆れました。

 要は、やはり単発のダイレクトメール、チラシなどで誘い込み、来店したその日のうちに次の継続的な10万円以上の契約を結ばせる、あるいは高額の化粧品を買わせるという、三流商法です。

 私がこのエステ店の経営者なら従業員には、決して、このようなセールストークをするなと指導しましす。
 お肌の構造、お客様の現状は、丁寧に説明したうえで、なぜこのような状況になっているのか、お金がかからずに家ではどのような手入れをすればいいのかをアドバイスするように言います。
 お客さんのことを考えれば、関心があるのは普段、家でどうすればよかったのか、何が悪かったのかということです。

 ここの説明をすっとばして、とにかくこの店に来い、来たら大丈夫なんだよ!という態度では、店の誠意は全く感じません。
 言い過ぎかもしれないけど、構造欠陥のマンションでも、安く手に入ればいいだろ、売ってやるよ、売ってしまえば同じだよという企業姿勢と同じです。

 本当に客の肌のことを考えているのではないくせに、まるで心配しているかのように接するその底の浅さが三流商法だと驚いたのです。
 
 「今日は、どんなものかと一回来てみただけなので」と言って、さっさと帰りました。 最後、エステシャンの顔色は明らかに暗く変わっていました。

 
 以前、大先輩の弁護士が言っていました。仕事をするとき何を考えるか。「いかに依頼者の方がお金を使わずに済むのかを考える。」と言ったことを口にしていました。
 
 この日の晩、航空会社に勤めていた方からたまたま聞いた言葉。
 
 「Service from the Heart」

 フライト前の会議のとき、会社の上司が毎回毎回、口をすっぱくして言っていた言葉だそうです。サービスにマニュアルはない、お客様にどのように接すればいいのかは、それは気持ちから自ずと出てくるということだそうです。

 レストラン、ホテルなどでも一流といわれるところは確かに値段は高いです。しかし、その従業員は皆、優れたコミュニケーション能力を持っています。単に、食事をする、泊まるという最低限のサービス以外の心地よさを与えてくれます。
 それはひとえに、心からのサービスによる言動が与えてくれる満足感なのだろうと思います。
 一流と三流の違いを知ることは大変勉強になりました。
 
 にしても、百貨店幻想か、まさか百貨店内の店でこんな三流サービスを受けるとは驚きました!このエステ店は百貨店内に店を開くことで店舗展開しているそうです・・・。まぁ、この店舗展開も消費者の百貨店幻想を利用しているのだとは思いますが、従業員教育が必要だし、まあ、そのうち淘汰されていくでしょう。

2006年1月23日 (月)

月刊大阪弁護士会~新連載「遺産分割」~【松井】

CIMG1042
 大阪弁護士会では、「月刊大阪弁護士会」という冊子が大阪の全弁護士に配られています。
 その中で9月から、大阪家庭裁判所の裁判官による「遺産分割 知って得する基礎知識」が連載されています。
 12月号では、「債権債務の処理Ⅰ」が掲載されていました。

 まさに基礎知識なので中身をちょろっと紹介しておきます。

1 債権、債務
 預金債権や住宅ローンといった債務については、「可分債権」と言われ、相続発生と同時に、各相続人の法定相続分に従って当然に分割され、相続されると言われています(債 権当然分割論)。
 つまり、原則として、遺産分割審判において家庭裁判所が分割方法を定めることはないとされています。1000万円の預金債権があって、相続人が子ども二人だったら、当然に500万円宛相続していることになるということです。債務の場合も同じです。

2 立替入院費、葬儀費用
 立替入院費は、本来、被相続人が負担するものを立替えたということになるので被相続人が負債を負ったまま亡くなった場合と同じであり、相続債務となります。よって、相続人が法定相続分に応じて相続していることになります。

 また、葬儀費用については、被相続人が亡くなった後に発生したものですので相続債務ではありません。他の相続人との間で精算義務があるのか否かの争いになります。葬儀費用を出費したら、当然に遺産からこの分を先に回収できるというものではありません。裁判所が審判においてどうこうすることも出来ません。なお、葬儀費用については喪主負担との裁判例があるようです。

3 相続人間の合意
 もっとも、上記問題については、一挙的解決のため、実務上の取り扱いでは、相続人全員が、これらの債権債務も含めて遺産分割協議を行うことに合意すれば、取り込んで分割協議することが可能です。ただ、債務については債権者を拘束するものでないことはもちろんです。
 但し、さらに手続きが、調停手続きから審判手続きに移行してしまうと、債権については相続人の合意があればともかく、審判事項に限りがあることから、債務については裁判所が判断することは出来ないとされています。


 私の経験からしても、葬儀費用についてはだいたい遺産において支払うということで相続人間で合意出来ることが多いです。但し、領収書のチェックが当然入りますが。またそれ以外の事柄についても、審判手続きにおいて、争点について適宜、一部合意のようなものを積み重ねていったうえ、最終的な審判を得て、紛争終結に至ったケースもあります。 遺産分割の審判手続きにおいては、裁判官の審理整理の能力が重要だと思います。
 
 ところで、先日、審判手続中のケースにおいて、審判官から、争点の整理と争点に対する裁判所の見解と称するペーパーを受け取りました。当事者主義が色濃い領域において、「争点の対する裁判所の見解」を審判前に出す意味はどこにあるのか強く疑問に思いました。またこの見解が、既に指摘している最高裁判例における遺言解釈の指針(被相続人の真意の探求)を踏まえていないものであるだけに、審判官がいかなる考えでこのような見解を当事者に表明したのか問い合わせしてみようと思っています。
 当初、公正ではないということで「忌避」といって裁判官を変えてくれという手続きをとろうかと息巻いたのですが、そこは弁護士複数人の事務所のよいところで、大橋弁護士に意見を聞いたところ、冷静な意見を得ることができ、より柔軟な対応をとることにしました。
 
 いずれにしても遺産分割調停あるいは審判手続きにおいては、裁判官の全人的な力がまさに試されています。過去にも、何年と解決しなかった事件が、新たに担当となった審判官の人間としての力、機転によって、終結に至ったこともありました。あの努力には頭の下がる思いでした。
 紛争を解決するためにはどうすればいいのか。それは何を言うかといったことだけではなく、どのように伝えるか、人間の感情への配慮が重要です。
 まったく・・・。
 家庭裁判所の審判官は、人間が出来た人じゃないと、審判官がかえって紛争をこじらせたりしてひどいことになってしまいます。大変な仕事です。
 思うに、大上段に法律論を振りかざすより、じっくりと当事者の言葉に耳を傾ける裁判官のほうが全員にとって良い結果が得られるように思います。
 弁護士にも言えることだと思います。
CIMG1044

*写真は意味なく、四日市名物の大入道です。怒ると首が伸びます。確か。

2006年1月22日 (日)

相続分野集中研修 第2回【松井】

CIMG1070
写真は、2006年の大橋さゆり弁護士です。
大橋と私は、昨日21日土曜日、大阪弁護士会主催の「相続分野集中研修」の第2回を受けていました。
午前10時から午後3時30分まで、定員300名はいっぱいでした。

昨日の研修について、もっぱら自分用で申し訳ないですがメモをまとめておこうと思います。


「財産管理事件について」大阪家庭裁判所 裁判官 渡邊雅道さん(37期)。

相続人がいないとき、遺された財産はどのように処理されるのか、管理人についた弁護士の仕事などについての話しでした。
実務的で非常に勉強になりました。

国庫に帰属する前に特別縁故者への財産分与が行われることがありますが(民法958条の3)、これは平成16年度で大阪家裁では、申立件数は36件だったということです。裁判官のざくっとした感覚では、国庫には年間10億円くらいが納付されているようです。


「特別受益と寄与分の諸問題(前提問題を含む)」 中道秀樹弁護士(47期)。
弁護士になる以前は家庭裁判所の職員をされていたようです。

レジュメには、「寄与分と特別受益と遺留分」「遺言書がある場合の問題点等」と項目が挙げられていたのですが、時間がなくて省略されてしまいました。
私が現在、もっとも関心のあるところです!

感覚としては、審判で寄与分が認められるのはかなり厳しいといったことを口にされていました。やっぱり。


「相続・贈与と税金」 鷲見昭雄 税理士。
三和銀行の行員だったこともあるようです。

相続時精算課税制度はやはり申告ミスの場合のリスクが大きい制度だとの印象を改めて持ちました。
鷲見税理士も、気をつけるように、気をつけるようにと言った言葉を口にして、注意喚起されていました。
実際、この税制がねらった効果ってあがっているのでしょうか?
利用されているのか?

私の知識では、相続税が納付されているケースは、年間約90万件の死亡のうち、4万人程度の約4%。
税理士の数に照らし合わせれば、一人あたりの税理士さんが確か、年間2件処理するか否かという数字であり、税理士でも相続税に詳しい人、そうでない人の差が激しいらしい。
相続税の申告ミスで訴えられた税理士さんの事件を担当したこともあった。

相続税の相談をする際は、本当にちゃんと分かっている税理士さんに依頼しないと節税できるところで節税できなかったりするんだろうなとつくづく思いました。
今日の鷲見税理士の話しはとっても分かりやすく、私の断片的な知識が改めて結びついたりしました。


ところで、メリルリンチなどが出しているワールド・ウェルス・リポート2005によれば、自宅不動産以外に1億円以上の資産を有している人が、日本では134万人ほどいるということです。
ふーーっ!


昨年の「おもいツきりテレビ」出演に懲りず、1月24日、関西テレビの「痛快エブリデイ!」という番組で、相続・遺言について弁護士として語るため出演いたします。
また、31日には「老後の資産管理」ということで、NHK大阪の「ぐるっと関西」に出演いたします。

相続は必ず誰もが経験する事柄です。なぜなら、皆、親がいてこの世に生まれている限り、親がお亡くなりになれば相続人となり、また自分がこの世から去ればその時点で相続が起こるからです。
ごくごく基本的なこと、またよく問題となるケースを、テレビでも本でも何らかの形で知っていただき、少しでも相続の紛争予防に役立てればと思っています。

この世を去るとき、心おきなく去れるよう、
また遺された人は、遺された皆がお互いに、遺された財産に感謝して分け合えるよう、
紛争のない相続は不可能ではないので、少しでも紛争予防に役立てればと考えています。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »