2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

flickr


« 契約書ひな形の功罪【松井】 | トップページ | 奈良地方裁判所~相続事件の和解 代理人の価値~【松井】 »

2005年5月30日 (月)

世の中はあたりまえだけど、変わっていく【松井】

yokkaichi
大橋は、東京へ行っていたようですが、私は先日、実家のある四日市へ行っていました。ホームページの一言メッセージでも記しているように、私の実家は四日市の駅前商店街の中にあるはんこ屋さんです。商店街にはアケードがあり駅前のその一区画が町となっていました。
その町の中には、本屋さん、レコード屋さん、映画館、ドーナツ屋、うどん屋、寿司屋、パン屋、スーパー、ラーメン屋、アイスクリーム屋、ケーキ屋、おもちゃ屋、そしてジャスコなどが軒を連ね、人通りは絶えず、明るく、いつも賑やかな町でした。小さいころは我が物顔にあちこちの店を出入りしていました。

ところが、私が高校卒業後、町を離れてからのこの十数年で町が変貌してしまいました。明らかに、救いようがないほどに、寂れていってしまっているのです。
帰るたびに悲しくなります。昼間でもシャッターが降りたままの店舗が増え、明るく華やかでこじゃれた店は姿を消していき、けばけばしい風俗店の看板などが取って代わっていました。風俗店とパチンコの町になっているかのようです。
そして駅から降りたって、何よりも目を覆いたくなる惨状は、この写真にある空き地です。
これは駅前の土地です。ここにはジャスコがありました。ジャスコの創業者は岡田といって、もとは「岡田屋」としてこの四日市の地で商売をしていたのです。そのジャスコが四日市のこの地に見切りをつけ、これだけの面積で確か6階建てほどもあった建物を壊して出て行ったのです。
まさに見捨てられた町のようになってしまいました。

帰るたびに思うのは、なぜこんな町になってしまったのかということです。
まさに、今ある繁栄は永く続くものではない、常に努力を怠ってはならないという教訓を町全体で教えてくれているようでした。

それにしても、四日市。なんとかできるなら何とかしたい。

大阪の動物園前のフェスティバルゲートも出来た当初は、人だかりだったけど、いつのまにか寂れた雰囲気が醸し出されるようになったなと思っていたら、破綻した。
そうかと思えば、東京ディズニーランドは私が中学校3年生のときに開園して以来、今もなお人気が続いている。手を替え品を替え楽しませる努力を怠っていないからといわれている。
しかし、創業100年以上という和菓子屋で昔も今も味を変えずに、ただひたすら味を守り続けることにより繁栄している店もある。
商売するならやはり食べ物やということだろうか。

独り言が迷走しているけど、実家のはんこ屋も象牙の輸入制限措置が取られたとき、はんこ屋は終わったかのように言われていたが、今もしぶとく商売をしている。
「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」という本は、確かに面白かったが、「はんこやはなぜ潰れないのか」。我が家のことながら不思議である。

相談事件で、商売をやめるということの手助けをする仕事はとても辛い。なんとかまさに「再生」できないのかということをまず考えてみるが、経営者の人は弁護士に相談する時点でもう腹は決まっている。このまま続けても、売り上げは伸びず、借入金の利子がかさむだけだと判断しているのである。
その商売についてはその商売の道、ノウハウ・経験がある。経営者が閉店のみちを選ぶとき、弁護士として出来ることはなるべく傷を深くしないようにと手助けすることくらいだ。悲しいかな。

閉店の道を選択する前に、再生の方向でよいアドバイスができたらと最近、より本格的に会計の勉強をやり直している。
しかし再生でいくためには、なるべく普段から相談で弁護士を利用してもらう必要がある。司法書士さんが「町の気軽な法律家」云々として宣伝しているが、大阪ふたば法律事務所もまた、町の気軽な弁護士さんであれたらと思う。
そのためにはどうしたらよいのか、模索が続く。町でチラシを挟んでティッシュ配りくらいしてもよいのかも。

四日市からの帰り道、駅前で、市役所の消費生活相談室がクーリングオフに関するチラシを挟んだティッシュ配りをしていた。市役所も日曜日にこんなことをするのかと関心した。
そういえば、いよいよ団体訴権が来年にでも法制化されるらしい。世の中はどんどん変わっていく。おいてけぼりにされないように。

« 契約書ひな形の功罪【松井】 | トップページ | 奈良地方裁判所~相続事件の和解 代理人の価値~【松井】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世の中はあたりまえだけど、変わっていく【松井】:

« 契約書ひな形の功罪【松井】 | トップページ | 奈良地方裁判所~相続事件の和解 代理人の価値~【松井】 »