2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

flickr


« 上海 | トップページ | Life's too good.【松井】 »

2004年11月 6日 (土)

非営利法人 建築問題研究会【松井】

CIMG0372-02.jpg

午前7時起床。昨夜は午前1時就寝。
6時間も眠れば基本的には十分です。
新聞記事にさっと目を通す。
家でテレビを見ることはほとんどありませんが、
小さいころからの習慣で、テレビ欄や番組宣伝欄にも
目を通し、ドラマのあらすじなどもついチェックしてしまう。

午前10時過ぎ。事務所に到着。
土・日は事務所としてはお休みをいただいており、
電話もかからないため、事務所内は静か。
メールをチェックし、返事を出すものには返事をだす。
数本電話をかけたり、ファックスを送ったり。
書きかけの準備書面案に手を入れる。

昼、クイックマッサージ30分。こわばった肩の筋肉がほぐれて
いくのを実感する。
中央軒の皿うどんを中高年の男性に混じり、8分で食べる。

移動途中、本屋をのぞく。
池谷裕二さんの新刊を見つけ、買う。
「進化しすぎた脳 中高生と語る〔大脳生理学〕の最前線」(朝日出版社)。
70年生まれの研究者の方です。
表紙によれば、「ベストセラー『海馬』の著者がしびれるくらい美しい
脳のメカニズムを語る。」ということ。
「海馬」が面白かったので、本書を手にとりました。
「しびれるくらい美しい」といった感動を味わうことは
そう多くはない日々、読むのが楽しみ。

午後1時32分、上本町・たかつガーデン、到着。
所属する「非営利法人建築問題研究会」の相談日です。
 
 http://npo-asj.com/
 *ホームページの更新が遅れていますが、活動しています!

買った新築一戸建ての家が半年もしないうちに雨漏り。
業者は、修理をするが何度修理してもまた雨漏りするという。

買った新築マンションに暮らし始めたら、ひどい低周波音に
悩まされる。
業者に訴えても、きちんと対応してくれないという。

新築マンションに居住して5年強であるが、すでにひび割れ
(クラック)が発生して外壁が落ちてしまうかもしれない状態
という。

こうした建築問題についても経験豊富な一級建築士の先生方が
専門技術的なことを図を書いてわかりやすく相談者に説明していく。
裁判、調停、交渉といった手段、何を請求できるのか、
証拠集めをどうするかといった点について弁護士がこたえていく。

1か月に1回の開催であるが、継続的な相談が出来るので、
相談者はアドバイスを受け、相手と自ら交渉し、資料を
そろえるなどしてまた次回の相談会に相談に来る。
毎回、建築士と弁護士からアドバイスを得られるので、
なるべく費用をかけずに自ら解決に努めようという相談者には
得がたい相談会ではないかと思います。(宣伝)

午後4時ころ、最後の相談者が帰った後、事務局の方も交え、
一級建築士の先生2名、弁護士3名で、報告研究会。
建築の専門用語が飛び交うなか、勉強をさせてもらう状態となる。

午後6時、帰宅。
今日は帰宅しましたが、そのまま事務所に戻って仕事を
続ける日もあります。
NHKを何気なくつけると、「週間こどもニュース」の女性キャスター
が、モデルだった人から落語家に代わっていた。

男性キャスターは固定のまま、一緒にならぶ女性キャスターだけが
1代目、2代目と代わっていくのはよくあるテレビのあり方ですが、
女性キャスターが固定のまま男性キャスターが若い人に代わるといった
番組はあるのでしょうか。

テレビといえば、友人のテレビディレクターが言うには、
「行列が出来る法律相談所」がテレビにおける弁護士の
あり方を変えたらしい。弁護士の意見にも違いがあり、
弁護士にも個性がある、セカンド・オピニオンもあり得るという
ことを広めたんだと。弁護士が身近に感じられるようになった
と言っていた。
あの番組は、ただやはり司会者のトークに負うところが大きいのでは。
どうなるんだろうか。いい視聴率をとっているみたいだし。
明日の朝のテレビ欄はやはりまたチェックしてしまうだろう。
番組を見ることはたぶんないですが。

« 上海 | トップページ | Life's too good.【松井】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非営利法人 建築問題研究会【松井】:

« 上海 | トップページ | Life's too good.【松井】 »