2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

flickr


« 非営利法人 建築問題研究会【松井】 | トップページ | 尋問【松井】 »

2004年11月 9日 (火)

Life's too good.【松井】

CIMG0388.JPG

松井です。

大橋の前回の文を読み、思い出したのが、
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」
という映画です。
とてつもなく暗い映画です。ミュージカルとなり、
主人公達が突然歌い始めたりするのですが、
物語そのものは見終わった後、どん底に突き落とされた
ような気持ちになります。
死刑、えん罪、弁護活動、善人の顔をした悪人等々、
いろいろなことを考えさせられる映画です。

主役のセルマを演じたビョークは、
もともとは、アイスランド出身のバンド、
シュガーキューブスのボーカルでした。
確か、88年ころのデビュー。
当時私も物珍しさと、ジャケットのデザインの良さに
惹かれて、CDを買いました。

タイトルは、
Life's too good.

今日は、午前10時、谷町四丁目にある大阪家庭裁判所で
遺産分割の調停。
午前11時50分ころ、終了。
その後、南森町で地下鉄を降り、
友人と食事をとるために待ち合わせ場所の
南森町の交差点の一角に立ちました。

暖かく、車は多く、人はたくさん歩き去る中、
ビルに囲まれて一人、
初めて見る景色のように新鮮な気持ちで
あたりを見回していました。
すると、ビルとビルとの間の雲一つない空を西から東へ飛行機がゆったりと
飛んでいくのが見えました。

肩の力が抜けていくのを感じました。
すべて未来は明るいと思えました。
こんな昼時もよいなと思いました。

パソコンの画面を見ながら、弁当を食べているよりも、
排気ガスを吸いながらでも空を見る方が
ずっと健康的で生産的かもしれない。

でも、三越のお弁当は結構おいしい。
ささやかな発見に、ささやかな幸せで
毎日が成り立っているならそれもいいかも。

« 非営利法人 建築問題研究会【松井】 | トップページ | 尋問【松井】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Life's too good.【松井】:

« 非営利法人 建築問題研究会【松井】 | トップページ | 尋問【松井】 »